アマゾン-工具


2022年09月24日 (18:26)

瑞浪市陶磁資料館友の会が「最後の焼成」【3連房式登り窯で明日まで】

瑞浪市陶磁資料館友の会
(田中一正会長・会員14人)は、
瑞浪市陶磁資料館(明世町山野内)の
「3連房式登り窯」で、焼成を行っている。
昨日、9月23日(金曜日)に火入れを行い、
明日、9月25日(日曜日)の正午ごろまで、
3日間、夜を徹して、燃やし続ける。
01TN1_0501_20220924191934a3f.jpg02TN1_0655_202209241919447ee.jpg03TN1_0741.jpg
瑞浪市陶磁資料館は、
昭和55(1980)年4月に、
東濃西部広域行政事務組合
(当時は東濃西部3市1町)の運営による、
「東濃西部歴史民俗資料館・
瑞浪陶磁資料館」として開館。
平成19(2007)年4月には、
施設・収蔵品が瑞浪市に移管され、
名称を現在の「瑞浪市陶磁資料館」に改めた
(瑞浪市単独運営の施設になる)。
04TN1_0560_2022092419194695e.jpg05TN1_0568.jpg06TN1_0598.jpg
瑞浪市陶磁資料館友の会は、
瑞浪市陶磁資料館の開館後、間もなく発足。
翌年の昭和56(1981)年から、
同館の登り窯を用いて、作品を焼成している。
年1回、焼成をしてきたが、
新型コロナウイルス感染症対策のため、
令和2(2020)年は中止。
今年、令和4(2022)年は、
40回目の節目の焼成となった。
07TN1_0582.jpg08TN1_0570.jpg09TN1_0604.jpg
しかし、会員が減少・高齢化しており、
また登り窯も、老朽化していることから、
友の会では今回をもって、
『最後の焼成』とすることを決めた。
現在、登り窯を利用しているのは、友の会のみ。
瑞浪市は今後、展示施設として、残す方針。
10TN1_0542.jpg11TN1_0626.jpg12TN1_0725.jpg
瑞浪市陶磁資料館友の会の田中一正会長
(土岐市泉東窯町・75歳)は、
「年1回の焼成を楽しみにしてきたが、
夜通しの作業に、会員の減少・高齢化で限界。
先輩会員から受け継いできた窯の火を、
絶やすことは残念だが、窯の老朽化に加え、
若い人たちが入会しない以上、
やむを得ない」と語った。
13TN1_0680.jpg14TN1_0648.jpg15TN1_0708.jpg
最後の焼成には、抹茶茶わんや花器、
置物など、約500点を窯詰め。
会員らは、最高温度1250度を目指し、
アカマツ約250束を、くべ続ける。
3連房式の登り窯だが、作品が集まらず、
2連房分しか入っていない。
窯出しは10月1日(土曜日)。
焼き上がった作品の「展示即売会」は行わないが、
来年、令和5(2023)年
2月26日(日曜日)から、
3月26日(日曜日)まで、瑞浪市陶磁資料館で、
企画展「友の会作品展」を開く予定。
このページへチップを贈る
カテゴリ : 人物&団体記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム