2022年10月19日 (17:12)

土岐市がアレルギー対応食を小1まで拡大【令和5(2023)年度から】

土岐市教育委員会(土岐市学校給食センター)は、
来年度、令和5(2023)年度から、
アレルギー対応食(除去食)の提供を、
小学1年生まで、対象を拡大すると発表した。
ただし、小学1年生については、児童との面談や、
学校給食食物アレルギー判定委員会による審査など、
準備期間が必要なため、提供開始は毎年9月から。
TN1_6660.jpg
土岐市学校給食センター(土岐津町土岐口)では、
土岐市内の幼稚園・小学校・中学校向けに、
1日約5000食を調理。
平成27(2015)年度からは、
食物アレルギーへの配慮が必要な
小学2年生から中学3年生までの児童生徒に対し、
学校給食アレルギー対応食
(除去食)を提供してきた。

小学1年生の該当児童については、
各自で弁当を持参するなど、
「個人対応」としてきた。
そのため、該当児童の保護者から、
「小学1年生から対応してほしい」との要望が、
毎年、上がっていた。
土岐市教育委員会では、要望に応えるとともに、
学校での事故を可能な限り防ぐため、
「4月」ではなく、「9月」からの開始となるが、
小学1年生についても、提供することにした。
web-toki-allergy-2022-EPSON094.jpg
今回、小学1年生までの対応拡大に伴い、
「土岐市学校給食における
食物アレルギー対応マニュアル」を改定。
除去する食品については、これまで通り、
「鶏卵」・「乳・乳製品」・
「落花生」・「ごま」の4種類。
10月現在、小学2年生から中学3年生まで、
55人の児童生徒が、
アレルギー対応食の提供を受けている。
このページへチップを贈る
カテゴリ : 土岐市記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム