アマゾン-工具


2022年10月28日 (17:00)

神明大杉の保存活用事業がグッドデザイン賞を受賞

瑞浪市の大湫町コミュニティ推進協議会
(小栗司会長)が事業主体となったプロジェクト
「樹齢670年 巨樹の保存活用[神明大杉]」が、
令和4(2022)年度の「グッドデザイン賞」を受賞。
大湫町コミュニティ推進協議会の小栗司会長
(74歳・つかさ)、
大湫町区長会の加藤博一区長会長
(70歳・ひろかず)、
受賞企業を代表し、田村啓さん(34歳・あきら・
造園業「庭とくらし くさまくら」代表)の3人が、
瑞浪市役所を訪れ、水野光二市長に喜びを語った。
01TN1_8407_20221028193304b71.jpg02TN1_8429.jpg03TN1_8423.jpg
グッドデザイン賞は、
公益財団法人日本デザイン振興会が運営。
プロジェクト名にある「神明大杉」とは、
令和2年7月豪雨の夜に倒木した、
大湫神明神社の大杉」(瑞浪市大湫町)のこと。
今春、令和4(2022)年3月には、
倒れた樹齢670年の御神木が、
造形物「神明大杉」(しんめいおおすぎ)として、
生まれ変わった。
04TN1_8434.jpg05TN1_8404.jpg06TN1_8439.jpg
今回の受賞は、
造形物「神明大杉」のデザインだけが、
評価されたのではなく、
①対象物の保存活用を、地域資源の再構築と考え、
建築・ランドスケープ・まちづくりの
複合的な視点でアプローチしたこと。
②地域住民の思いを反映させるため、
町民とのディスカッションを通した、コンセプトの共有。
③自然物として、変化していくことを許容できる構造と、
宿場町の景観を妨げないような力強くミニマルな形態。
といった、災害復旧作業から、
町のシンボルとして保存活用するまでの
一連の取り組みが、評価されたもの。
そのため、受賞区分(分類)としては、
「地域の取り組み・活動」での栄誉となった。
07TN1_8463.jpg08TN1_8456_20221028193405b99.jpg09TN1_8446.jpg
なお、プロジェクトに取り組んだのは、
「造家工房・ナノ・ランドスキップ共同企業体」だが、
申請の都合上、受賞企業(受賞代表者)は、
「株式会社ナノメートルアーキテクチャー
一級建築士事務所」(愛知県)・
「庭とくらし くさまくら」(岐阜県)・
「一般社団法人サステナ」(岐阜県)の
3社になっている。
10TN1_8466.jpg11TN1_8480.jpg12TN1_8487.jpg
田村啓さんは、受賞企業を代表し、
「建設業や造園業などを営む私たちは、
『形として残すこと』ばかりを考えがち。
しかし、審査委員の評価には『無形の財産として、
地域に受け継がれていくもの』と書かれてあり、
まさに言い得て妙だと思った。
保存活用方法については、大湫町民の中に、
賛否両論があったことも事実。
ただ、これから数年後、『やって良かった』とか、
『間違っていなかったね』などと、
町民の皆さんに感じてもらえたら、うれしい。
受賞企業として、3社の名前が挙がっているが、
プロジェクトに参加したすべての企業と、
大湫町の協力のおかげだと、
感謝している」と語った。
このページへチップを贈る
カテゴリ : 企業&店舗記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム