2022年10月29日 (19:46)

文字職人の杉浦誠司さんが記念講演【第67回岐阜県PTA研究大会】

岐阜県PTA連合会(野平英一郎会長)は、
本日、10月29日(土曜日)に、
土岐市文化プラザ(土岐津町土岐口)で、
「第67回・岐阜県PTA研究大会
in 東濃」を開いた。
01TN1_8520.jpg02TN1_8567.jpg03TN1_8537.jpg
04TN1_8629.jpg05TN1_8541_20221029210223ed5.jpg06TN1_8544.jpg
岐阜県PTA研究大会は、
岐阜県内各圏域の郡市PTA連合会が、
持ち回りで開催。
本年度、令和4(2022)年度は、
東濃地区PTA連合会が主管し、
大会実行委員長は小池誠さん
(岐阜県PTA連合会理事・
瑞浪市PTA連合会会長)が務めた。
07TN1_8566_202210292102585dc.jpg08TN1_8581.jpg09TN1_8583.jpg
10TN1_8587.jpg11TN1_8588.jpg12TN1_8593.jpg
本来は、瑞浪市で開催する予定だったが、
瑞浪市総合文化センターが改修中のため、
隣市の土岐市で開いた。
また、新型コロナウイルス感染症の
対策を講じながら、
今回は3年ぶりに有人開催
(対面式・リアル開催)とした。
13TN1_8595.jpg14TN1_8598.jpg15TN1_8612.jpg
16TN1_8613.jpg17TN1_8611.jpg18TN1_8624.jpg
大会の主題は「子供たちの明るい未来について
皆で共に語り合おう
~コロナ禍で傷ついた教育について考える~」。
岩佐泰典東濃教育事務所長や、
水野光二瑞浪市長、東濃各市の教育長、
岐阜県内のPTA会員やPTA関係者ら、
約680人が出席した。
19TN1_8638.jpg20TN1_8657.jpg21TN1_8661.jpg
22TN1_8666.jpg23TN1_8671.jpg24TN1_8679.jpg
全体会では、
岐阜県PTA連合会の野平英一郎会長が、
「PTAとは何か、いま一度、考えてほしい。
PTA活動の最上位の目的は、
世界に通用する子供たちの育成を、
社会全体の問題として、教育に携わり、
力を添えることにある。
この大切な責務を担う、尊い集団であるはず。
しかしこれは、戦後間もなく、
当時の教育を変えるべく、その基礎が、
アメリカから与えられ、始まったもの。
私たちは、この与えられたものから脱却し、
1人ひとりが主体性を持ち、
PTA活動による尊い社会貢献へ、
踏み出さなければならない」と訴えた。
25TN1_8677.jpg26TN1_8689.jpg27TN1_8705.jpg
28TN1_8693.jpg29TN1_8707.jpg30TN1_8718.jpg
記念講演では、文字職人で、
多治見市観光大使を務める、杉浦誠司さん
(すぎうらせいじ・46歳)が登壇。
杉浦誠司さんは「輝く子供 照らす親
~家族こそパワースポット~」を演題に、
文字職人になるまでの生い立ちや、
妻・長男の言動に気付かされたこと、
感謝とお礼(おれい)・
躾(しつけ)と押し付けの違いなど、
生き方や家族愛を語った。
01-yume3939-EPSON123.jpg02-yume3939-EPSON125.jpg
全体会・記念講演に続いて、分科会を開催。
6つの育友会・PTAが実践提案を行った。
なお、来年、令和5(2023)年の
第68回岐阜県PTA研究大会の主管は、
「美濃地区PTA連合会」
(郡上市・関市・美濃市)が務める。
令和5(2023)年11月3日に、
関市文化会館で開く予定。
このページへチップを贈る
カテゴリ : 人物&団体記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム