広告表示


2022年10月30日 (10:29)

小栗寿賀子さんが市之瀬廣太記念美術館で個展「時の住処」

陶芸家の小栗寿賀子さん(瑞浪市上平町・
62歳・おぐりすがこ)による個展
「時の住処」(ときのすみか)が、
昨日、10月29日(土曜日)から、
瑞浪市市之瀬廣太記念美術館
(瑞浪市明世町戸狩)で始まった。
会期は11月27日(日曜日)まで。
01TN1_8753_202210301123069f5.jpg02TN1_8726_20221030112311f01.jpg
「令和4(2022)年度
瑞浪市市之瀬廣太記念美術館企画展」として開催。
同館での小栗寿賀子さんの企画展は、
平成23(2011)年にも開催しており、
テーマは「ゆるやかなつながり」だった。
03TN1_8765.jpg04TN1_8760.jpg
小栗寿賀子さんは土岐市駄知町の出身で、
実家は上絵付業を営む。
昭和58(1983)年に、
岐阜大学教育学部美術工芸学科を卒業。
昭和60(1985)年に、
多治見市陶磁器意匠研究所を修了した。
おひなの会」の代表を務めている。
05TN1_8734_202210301123179bb.jpg06TN1_8743.jpg
今展では、土のオブジェ(陶彫作品)、
約20点を展示。
作風の変遷をたどるため、7年前の作品もあるが、
直近3年間の作品を中心に、出品している。
技法は「白化粧」を施した上に、釉薬をたらし、
柔らかな雰囲気を醸し出す。
日常生活から得た知識や意識のたい積を、
自身の感情に照らし出し、形として表現したという。
web-kikaku-oguri2-2022.jpgweb-ichinose-museum-2022-EPSON121.jpg
小栗寿賀子さんは、
「思い通りのコントロールができる、
電気窯で焼成しているが、最近は、
思いがけない仕上がりになる、
穴窯や野焼き窯での焼成が楽しい。
『時の住処』シリーズは、形を重ねることで、
時間の重なりを表現している。
オブジェの良さは、
見る人の気持ちが乗るかどうか。
観覧者の心を動かせたら、うれしい」と語った。
【下の写真2枚は、
平成23(2011)年10月29日に撮影】
DSC_1464_20221030103213d42.jpgDSC_1461_2022103010320806e.jpg
瑞浪市明世町戸狩2─17/
TEL0572─68─9400/
開館時間は午前9時から午後5時まで/
休館日は毎週月曜日・
11月4日(金曜日)・11月24日(木曜日)/
入館料は一般が200円で、高校生以下は無料/
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
広告表示



広告表示