2022年11月05日 (16:50)

中京商店真剣堂がファイナルセール【明日は売り切れ次第終了】

中京高校(瑞浪市・和田尚校長)の生徒が、
本日、11月5日(土曜日)から、
期間限定店「中京商店・真剣堂」を、
JR瑞浪駅前商店街の元「喜利屋金物店」
(瑞浪市寺河戸町)で開いた。
明日、11月6日(日曜日)までで、
時間は午前9時から午後3時まで
(※売り切れ次第、終了)。
01TN1_0453.jpg02TN1_0462.jpg03TN1_0457.jpg
中京商店真剣堂は、
中京高校商業コースの生徒が、
東日本大震災の被災地を支援しようと、
平成23(2011)年10月に開始。
被災地の特産品などを仕入れ、販売し、
その売り上げの一部を、義援金として、
被災地へ届けてきた。
募金活動も行い、これまでに、
約315万円を被災地へ送っている。
04TN1_0470_20221105212008d7b.jpg05TN1_0437.jpg06TN1_0476.jpg
中京高校の商業コースについては、
本年度、令和4(2022)年度から、
生徒の募集を停止。
令和3(2021)年度に入学した、
商業コースの2年生はいるが、
中京商店真剣堂には参加していない。
そのため、現在の3年生をもって、
活動を終了するため、
「ファイナルセール」と銘打った。
07TN1_0479_20221105212059205.jpg08TN1_0445.jpg09TN1_0440.jpg
本年度の中京商店真剣堂には、
商業コースの3年生から、有志5人が参加。
商業コース以外の生徒や、
高校時代に、真剣堂に取り組んだ、
大学生・社会人らOB・OGも協力した。
生徒らは、福島県・岩手県・宮城県・
熊本県・福岡県・広島県の6県から、
各県の特産品など、43種類を仕入れた
(既に売り切れた商品もあり)。
今回の収益金は全額、
福島県双葉町(ふたばまち)に届ける。
10TN1_0481.jpg11TN1_0466.jpg12TN1_0487_20221105212120fec.jpg
このページへチップを贈る
カテゴリ : 企業&店舗記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム