2022年11月08日 (11:28)

土岐市の小5に「こども手帳」を【学校には電子版のCDを初寄贈】

公益財団法人日本公衆電話会の
岐阜支部(名古屋市中区栄)は、
小学生を対象にした安全・安心啓発教材
「こども手帳 ぼくも、わたしも社会の一員」を、
土岐市教育委員会に寄贈。
贈呈式が土岐市役所で開かれ、
岐阜支部の日比野義行相談役が、
山田恭正教育長に手渡した。
01TN1_1427.jpg02TN1_1445.jpg
日本公衆電話会の会員は、NTTから、
公衆電話の管理委託を受けている、
コンビニ・酒屋・理容室・旅館など。
「地域の安全と安心のための
社会貢献活動」の一環として、
全国の小学校に「こども手帳」を贈っている。
03TN1_1452.jpg04TN1_1458_20221108115544015.jpg
土岐市への「こども手帳」の寄贈は、
平成24(2012)年からで、11年連続。
本年度、令和4(2022)年度は、
土岐市立の小学校、全8校の5年生に対し、
600冊(教師の分と予備を含む)を贈った。
また、本年度は初めて、こども手帳の「電子版」
(音声ガイド付き)を、小学校に寄贈。
こども手帳のデータが入ったCD-ROMで、
各校5枚ずつ、計40枚を贈った。
本日中に、各校に配布される予定。
なお、岐阜県内における、こども手帳の寄贈は、
土岐市を含め、12市町村で行われている。
05TN1_1481.jpg06TN1_1442.jpg
日本公衆電話会岐阜支部の西川孝志事務局長は、
「毎年、土岐市に寄贈ができるのは、
地元の役員さんからの強いご要望と、
会員の皆さんのご理解・ご支援のおかげ。
こども手帳は、小学校高学年向けに作成してあり、
子供たちが、事件・事故から身を守る方法や、
社会の一員として、知っておくべきルールなどを、
6章にわたって、まとめている。
今年は、より理解を深めてもらうために、
電子版のCDも、各学校へ贈ります。
冊子のこども手帳と併用することで、
学習に役立てていただきたい」と語った。
07TN1_1468.jpg08TN1_1472.jpg
ちなみに、土岐市内の
小・中学校にあった公衆電話は、
既に撤去されている(特設公衆電話を除く)。
このページへチップを贈る
カテゴリ : 企業&店舗記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム