2022年11月09日 (23:25)

だち歌舞伎保存会が飛騨・美濃歌舞伎大会へ【本番を前に最後の稽古】

土岐市の「だち歌舞伎保存会」(遠山明良会長)は、
11月13日(日曜日)に、
郡上市総合文化センター(郡上市)で開かれる、
「第29回 飛騨・美濃歌舞伎大会
ぐじょう2022」に出演する。
本日、11月9日(水曜日)には、
駄知公民館(土岐市駄知町)で、
本番前の最後の稽古(けいこ)を行った。
01TN1_2064.jpg02TN1_2093_20221110083524980.jpg03TN1_2097.jpg
だち歌舞伎保存会によると、
現在は無くなってしまったが、
駄知町には、芝居小屋・映画館として、
「陶栄座」(とうえいざ)があり、
昭和39(1964)年ごろまでは、
地歌舞伎が上演されていたという。
また、駄知町の神明神社や八王子神社には、
境内に、舞台が残されているという。
04TN1_2102.jpg05TN1_2104.jpg06TN1_2135_20221110083529c72.jpg
だち歌舞伎保存会の始まりは、
昭和31(1956)年生まれ、または、
昭和32(1957)年生まれでつくる同年会
友輪会」(ゆうりんかい)の一部メンバーが、
平成27(2015)年9月26日に、
美濃歌舞伎保存会が主催した、
「長月公演」(ながつきこうえん)に出演。
還暦の記念として、
瑞浪市日吉町の美濃歌舞伎博物館「相生座」で、
「揚巻助六縁江戸桜・三浦屋前」を演じた。
07TN1_2192.jpg08TN1_2258.jpg09TN1_2270.jpg
駄知町でも上演し、地域の娯楽だった、
地歌舞伎を復活させようと、
当時の出演者らが中心となり、
平成30(2018)年4月に、
「だち歌舞伎研究会」を旗揚げ。
平成30(2018)年11月24日には、
土岐市立駄知小学校の体育館(駄知町)で、
駄知歌舞伎公演」を行った。
10TN1_2280.jpg11TN1_2290.jpg12TN1_2294.jpg
だち歌舞伎研究会は、
平成31/令和元(2019)年5月に、
「だち歌舞伎保存会」に改称。
『保存会』としての初出演は、
令和3(2021)年7月25日(日曜日)に、
ぎふ清流文化プラザ・長良川ホールで開かれた、
「清流の国ぎふ2020(にせんにじゅう)
地歌舞伎勢揃い公演」
(※新型コロナウイルス感染症対策のため、
延期していた)。
外題「青砥稿花紅彩画 浜松屋の場」
(あおとぞうしはなのにしきえ・
はままつやのば)を上演した。
13TN1_2304.jpg14TN1_2319.jpg15TN1_2324.jpg
今回の「第29回 飛騨・美濃歌舞伎大会
ぐじょう2022
」で、出演2回目となる。
演目は「寿曽我対面・工藤館の場」
(ことぶきそがのたいめん・くどうやかたのば)で、
鬘(かつら)や小道具などは、
美濃歌舞伎保存会(小栗幸江会長)が協力する。
16TN1_2344.jpg17TN1_2067.jpg18TN1_2089.jpg
だち歌舞伎保存会には、土岐市駄知町を中心に、
多治見市・瑞浪市・恵那市からも参加。
会員は、小学6年生から66歳まで、25人。
日本舞踊家で、松川流二世家元の
松川竜之介さん(愛知県豊田市・たつのすけ)を、
指導者として招き、普段は月2回、
公演前になると月4回、稽古に励んでいる。
web01-29th-gujo-2022.jpgweb02-29th-gujo-2022.jpg
ちなみに、令和5(2023)年11月には、
土岐市文化プラザで、公演を行う予定。
このページへチップを贈る
カテゴリ : 人物&団体記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム