2022年11月19日 (15:05)

土岐市が子育てガヤガヤ会議を初開催【少子化対策研究会】

土岐市役所の少子化対策研究会は、
イオンモール土岐(土岐市土岐津町土岐口)・
イオンホール(2階)で、ワークショップ
「子育てガヤガヤ会議」を初開催した。
01TN1_4260.jpg02TN1_4265.jpg03TN1_4270.jpg
土岐市役所では、各担当課が、
縦割り的に行っている「子育て施策」を、
横断的かつ積極的に実施しようと、
令和4(2022)年2月に、
「少子化対策研究会」を発足。
子育て支援課・保健センター・政策推進課・
まちづくり推進課の4課で構成している
(行政組織ではない。教育委員会は含まず)。
04TN1_4275.jpg05TN1_4279.jpg06TN1_4295.jpg
本年度は、先進事例の調査や、
市民アンケートなどを行ってきたが、
子育て世代から直接、生の声を聴こうと、
今回のワークショップを企画した。
土岐市多機能型子育て支援拠点施設
「土岐市子育て応援施設
親子ひろば ときめっく」が2階にあるため、
イオンモール土岐を会場にした。
07TN1_4299.jpg08TN1_4302.jpg09TN1_4310.jpg
本日の第1回「子育てガヤガヤ会議」には、
子育て中の母親を中心に、土岐市民15人が参加。
少子化対策研究会の土岐市職員6人が、
グループワークなどを進行した。
10TN1_4317.jpg11TN1_4320.jpg12TN1_4327.jpg
「土岐市での子育てで困ったこと」をテーマに、
グループごとに意見をまとめ、代表者が発表。
「雨の時に、子供が遊べる場所がほしい」とか、
「児童館や小学校の体育館が老朽化している」、
「川で遊んでいると、通報される」、
「祖父母に頼る子育てが主流で、
核家族には厳しい」、「産科が無い」、
「附属幼稚園の制度がよく分からない」、
「公園にあるのは健康器具ばかり」、
「待機児童数ゼロを誇っているが、
本当の意味で、ゼロと言い切れるのか」、
「保育料が高い」、「日曜日や祝日も、
どこかの児童館を開けてほしい」、
「子育て支援センターと児童館は別物」、
「通学路が狭く、危険な場所がある」、
「子育て支援課の職員の対応が悪かった。
親に寄り添ったアドバイスがほしい」といった、
意見や要望が出た。
13TN1_4341.jpg14TN1_4354.jpg15TN1_4365.jpg
なお、まちづくり推進課は今月、
子育て世代などに向けて、情報発信をするため、
インスタグラムトキノミライ
(@tokinomirai)を開設した。
16TN1_4372.jpg17TN1_4381.jpg18TN1_4390.jpg
このページへチップを贈る
カテゴリ : 土岐市記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム