アマゾン-工具


2022年12月01日 (17:11)

玉樹昂誠・田中瑛登両選手がサッカーの高円宮杯へ【FCV可児のCBとFW】

土岐市立西陵中学校の3年生、
玉樹昂誠選手(土岐市下石町在住・15歳・
たまきこうせい・センターバック・キャプテン)と、
田中瑛登選手(土岐市下石町在住・14歳・
たなかえいと・フォワード)が所属する、
サッカーのクラブチーム「FCV可児」が、
高円宮杯JFA第34回全日本U-15
サッカー選手権大会

《味の素フィールド西が丘ほか
(東京都・大阪府・群馬県・山口県)・
12月10日(土)~
12月27日(火)開催》に出場する。
01TN1_6489.jpg02TN1_6503.jpg03TN1_6509.jpg
玉樹昂誠選手・田中瑛登選手が、
FCV可児の篠原稔希監督
(としき・28歳)・母親と一緒に、
土岐市役所を訪れ、山田恭正教育長に、
全国大会へ向けた、意気込みを語った。
04TN1_6513.jpg05TN1_6527.jpg06TN1_6529.jpg
玉樹昂誠選手・田中瑛登選手は、2人とも、
親がサッカーをやっており、4歳から始めた。
FCV可児は、可児市を中心に活動する、
「総合型地域スポーツクラブFCV」の
サッカーチーム。
FCV可児は、今年の8月に、
第37回日本クラブユースサッカー選手権
(U-15)大会
」に出場。
グループステージを2勝1敗とし、
ノックアウトステージ
(トーナメント戦)に進んだが、
初戦で敗退した(ベスト32)。
今回の全国大会は、11月の東海大会で、
第3位となったため、出場できるもの。
07TN1_6538_2022120119094598a.jpg08TN1_6552.jpg09TN1_6558.jpg
玉樹昂誠選手は、
8月の全国大会では、けがをしてしまい、
あまり試合に出られなかった。
3年間の努力を出し切るため、
キャプテンとして、頑張ります。
自分たちの強みは、狭いところに追い込まれても、
逃げずに勝負するところ。
主導権を握ることが大事なので、
コーチング(声掛け)で、チームを引っ張りたい。
あこがれの選手は、自分と同じポジションを務める、
日本代表の板倉滉選手」と述べ、
田中瑛登選手は、
「高円宮杯では、良い結果が残せるように、
チーム全員で頑張りたい。
自分たちのチームは、パスもつながるし、
個人の能力も高いので、最後まで、
集中力を維持することで、勝ち上がりたい。
自分としては、相手のセンターバックの裏をかき、
点に絡みたい。
あこがれの選手は、個としても強い、
仏国代表のキリアン・エムバペ選手」と語った。
このページへチップを贈る
カテゴリ : 人物&団体記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム