アマゾン-工具


2022年12月02日 (14:16)

土岐LCが絵本259冊を17園に寄贈【佐分利文庫の贈呈も】

土岐ライオンズクラブ
(LC・加藤信之会長・会員36人)は、
土岐市内の幼稚園や保育園などに絵本を寄贈。
セラトピア土岐(土岐市土岐津町高山)で、
贈呈式を開いた。
01TN1_6638.jpg02TN1_6630.jpg03TN1_6666.jpg
土岐ライオンズクラブは、平成19(2007)年から、
青少年育成・教育支援の一環として、
絵本の寄贈を続けており、今回で16回目。
今年は、私立園3園(保育園2園・こども園1園)と、
公立園14園(保育園6園・幼稚園6園・こども園2園)の
全17園に、「土岐ライオンズ文庫」として、
絵本259冊(32万円相当)を贈った。
今年の分も含め、これまでに、
絵本4736冊(552万円相当)を、
寄贈したことになる。
04TN1_6679.jpg05TN1_6680.jpg06TN1_6687.jpg
贈呈式には、
土岐市役所の伊藤智治子育て支援課長、
土岐市立土岐津小学校附属幼稚園の知原勝成園長、
土岐市立久尻保育園の藤田佳代園長が出席。
07TN1_6701.jpg08TN1_6694_20221202224637569.jpg09TN1_6709_20221202224640849.jpg
土岐LCの加藤信之会長は、
「絵本の読み聞かせは、子供の言語能力・
認知能力・社会性をはぐくむと言われている。
さらに、子供が本を好きになり、
読書量が増加し、学力の向上にもつながる。
また、子供の心が安らぐ効果も、証明されている。
そのため、次代を担う土岐市の子供たちには、
1冊でも多く、本を読んでもらいたい。
土岐ライオンズクラブは今後も、
絵本の寄贈を継続します」と述べた。
10TN1_6717_20221202224642f47.jpg11TN1_6726.jpg12TN1_6731.jpg
なお、平成25(2013)年からは、
土岐LCのメンバーが直接、園を訪問し、
園児への絵本の手渡しも行ってきた。
近年はコロナ禍で取りやめていたが、
今年は12月9日(金曜日)に、
土岐津小学校附属幼稚園で行う。
13TN1_6742.jpg14TN1_6753.jpg15TN1_6761.jpg
また、土岐LCの会員で、
土岐市社会福祉協議会の元会長、
佐分利錬尓さん(れんじ・87歳)は、個人的に、
土岐市内の児童館と児童センター(小型児童館)、
全5施設に、絵本87冊(10万円相当)を寄贈。
「佐分利文庫」の贈呈式も、合わせて行った。
佐分利文庫の寄贈は、平成25(2013)年からで、
今年の分も合わせると、絵本1824冊
(250万円相当)を贈ったことになる
(今年の寄贈で10回目)。
16TN1_6776.jpg17TN1_6784.jpg18TN1_6787.jpg
5施設の指定管理者を担っている、
土岐市社会福祉協議会から、
地域福祉課の鷲見政人課長補佐と、
児童館・児童センターの中川佳代館長
(5施設の総括館長)が出席。
佐分利錬尓さんが、鷲見政人課長補佐に、
目録を手渡した後、今度は中川佳代館長が、
子供たちからのお礼の手紙を、
佐分利錬尓さんに手渡した。
このページへチップを贈る
カテゴリ : 人物&団体記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム