アマゾン-工具


2022年12月04日 (15:33)

奉仕清掃と記念式典でJR釜戸駅に感謝を【開駅120周年でカマドキカクが】

JR東海の中央本線にある釜戸駅
(かまどえき・瑞浪市釜戸町・簡易委託駅)は、
明治35(1902)年12月21日に開業。
開駅120周年に感謝する、
ボランティア清掃と記念式典が、
本日、12月4日(日曜日)に開かれた。
01TN1_7371.jpg02TN1_7381.jpg03TN1_7397.jpg
04TN1_7388.jpg05TN1_7428.jpg06TN1_7405.jpg
瑞浪市の釜戸町と大湫町の活性化に取り組む、
地域クリエイティブプロジェクトチーム
「カマドキカク」が主催。
釜戸駅の利用者や両町の住民ら、
約80人が参加し、駅舎(駅本屋)と、
駅前周辺の美化に努めた。
記念式典では、くす玉を開披したり、
唱歌「故郷(ふるさと)」を口ずさんだりした。
07TN1_7412.jpg08TN1_7422.jpg09TN1_7394.jpg
10TN1_7442.jpg11TN1_7414.jpg12TN1_7492.jpg
釜戸駅の駅舎(駅本屋)は、中央本線最古のもの。
駅本屋の建物財産標は、駅構内の
「駅長事務室」の看板の下に掲示してある
《表記は明治35(1902)年6月》。
無人駅化を回避するため、JR東海と瑞浪市は、
平成7(1995)年3月31日に、
「乗車券類簡易委託発売契約」を結んだ。
さらに、瑞浪市は、釜戸町に、
発売所の窓口業務を委託。
釜戸商工クラブや釜戸町区長会が、
請け負った時期もあったが、現在は再び、
釜戸町まちづくり推進協議会が担っている。
13TN1_7446.jpg14TN1_7460_20221204171948a1d.jpg15TN1_7448_202212041719495cd.jpg
16TN1_7453.jpg17TN1_7469.jpg18TN1_7485.jpg
営業時間は、平成7(1995)年5月1日当時は、
午前7時50分から午後5時30分までだったが、
現在《令和2(2020)年4月1日から》は、
午前7時10分から午前11時50分までに短縮。
また、釜戸駅の乗車人数(1日当たりの平均)は、
平成20(2008)年度は394人だったが、
令和2(2020)年度は207人に減少。
売上は、平成20(2008)年度は、
5348万8000円あったが、
令和2(2020)年度は、
1192万5000円に落ち込んだ。
19TN1_7435.jpg20TN1_7509.jpg21TN1_7505.jpg
22TN1_7511.jpg23TN1_7516.jpg24TN1_7501.jpg
本日の奉仕清掃と記念式典を主催した、
「カマドキカク」は、
令和4(2022)年7月に発足。
JR釜戸駅前の空き物件だった、
通称「カマドボックス」を、
事務所・活動拠点にしている。
なお、カマドボックスは、
瑞浪市と岐阜大学が賃借していたが、
今年の5月末で終了。
7月から、カマドキカクが借りている。
25TN1_7407.jpg26TN1_7541.jpg27TN1_7538.jpg
28TN1_7523.jpg29TN1_7552.jpg30TN1_7569.jpg
カマドキカクのメンバーは、現在12人で、
今年の8月・9月・10月には、各月1回、
アマチュアの音楽愛好家らが奏でる、
ミュージックライブを開催した。
来年の3月11日(土曜日)には、
JR釜戸駅前に、キッチンカーなどを並べる、
「ビールアンドフードフェア」を開く予定。
31TN1_7572.jpg32TN1_7578.jpg33TN1_7587.jpg
34TN1_7591.jpg35TN1_7599.jpg36TN1_7607.jpg
カマドキカクのメンバーで、
元・釜戸地区集落支援員の
溝口和則さん(68歳)は、
「1時間程度の掃除とはいえ、
80人も集まっていただけたのは、うれしい。
釜戸駅が、ふるさとの宝だということを、
再認識してもらいたくて企画したが、
参加してくれた子供たちには、
郷土愛をはぐくんでもらえたと思う」と語った。
37TN1_7646.jpg38TN1_7649.jpg39TN1_7659.jpg
40TN1_7619.jpg41TN1_7639.jpg42TN1_7652.jpg
このページへチップを贈る
カテゴリ : 人物&団体記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム