アマゾン-工具


2023年01月10日 (13:06)

瑞浪市消防本部が令和4(2022)年「消防統計」を発表

瑞浪市消防本部(宮地政司消防長)は、
令和4(2022)年の「消防統計」をまとめた。
概要は次の通り。
消防統計の「過去記事」へ。
※写真は瑞浪市消防出初式の様子。
01TN3_5624.jpg
【火災】
出火件数は14件で、前年より3件の減少。
火災の種別は、
建物火災が8件(57・1パーセント)、
車両火災が3件(21・4パーセント)、
その他の火災が3件(21・4パーセント)だった。
損害額は7669万円。
火災による死者は1人で、負傷者は1人だった。

原因別で見ると、
炉が1件、
ストーブが1件、
電気機器が1件、
取灰が1件、
火入れが2件、
その他が3件、
不明・調査中が5件だった。

1日平均出火件数は0・04件、
1日平均火災損害額は21万円、
建物火災1件あたりの平均損害額は、
930万6000円。
なお、全国の出火率
(人口1万人あたりの火災件数)は、
2・7件《令和3(2021)年値》。
02TN3_6000.jpg
◆参考
総務省消防庁の「消防統計(火災統計)」より。
◎令和3(2021)年
(1月~12月)の出火率(確定値)
【岐阜県】3・03件
【都道府県計】2・78件
03TN3_6145.jpg
【救急・救助】
救急出動件数は1991件で、
前年より399件の増加。
搬送人員は1895人で、
前年より376人の増加だった。
事故種別の上位は、
「急病」が1320件(66・3パーセント)、
「一般負傷」が334件(16・8パーセント)、
「転院搬送」が155件(7・8パーセント)、
「交通事故」が122件(6・1パーセント)だった。

救助出動件数は32件で、前年より6件の増加。
救助人員は19人だった。
救助出動のうち、約44パーセントが、
交通事故によるもの。
1日平均出動件数は5・45件で、
1日平均搬送人員は5・19人だった。
このページへチップを贈る
カテゴリ : 瑞浪市記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム