アマゾン-工具


2023年01月13日 (17:11)

駄知小4年生が障がいを学ぶ【心のバリアフリーを持とう】

外部講師を招いて、障がいについて学ぶ授業
「生き方教室」が、土岐市立駄知小学校
(駄知町・水野浩庫校長)で開かれ、
4年生46人が、障がいの種類や、
障がい者を取り巻く現状などを学習した。
01TN3_6978.jpg02TN3_6992.jpg03TN3_7040.jpg
講師を務めたのは、
「岐阜県肢体不自由児者父母の会」の副会長で、
同会土岐支部の顧問を務める中島義人さん
(61歳・土岐市曽木町・よしひと・
大晶建設社長《たいせい》)と、
岐阜県立可茂特別支援学校のPTA会長で、
介護服の製造・販売業
ぷるちーの合同会社」代表の伊藤佳苗さん
(50歳・多治見市小泉町・かなえ)。
伊藤佳苗さんの次男で、
岐阜県立可茂特別支援学校高等部3年生の
伊藤雄亮さん(17歳・ゆうすけ)と、
岐阜県立東濃特別支援学校のPTA会長を務める
田辺大輔さん(38歳・だいすけ・
田辺ライフコンシェルジュ)も来校した。
04TN3_7051.jpg05TN3_7017.jpg06TN3_7075.jpg
駄知小学校では、4年生になると、
総合的な学習の時間を活用し、福祉を学習。
土岐市恵風荘(駄知町)を訪問し、
高齢者との交流を図っている。
障がい者についても学ぼうとしたところ、
水野浩庫校長と中島義人さんが知り合いで、
今回の授業が、初めて実現した。
07TN3_7092.jpg08TN3_7110.jpg09TN3_7119.jpg
中島義人さんは「障がいのある人もない人も
みんなが楽しく生きていくために」と題して、
障がいの種類や障がい者のマークなどを、
分かりやすく説明した。
10TN3_7124.jpg11TN3_7130.jpg12TN3_7132.jpg
伊藤佳苗さんは、
「心のバリアフリーは世界をすくう」と題し、
息子の雄亮さんの生い立ちを紹介。
雄亮さんは1歳1カ月の時、急性脳症を発症し、
重度の脳性マヒになったこと。
身体障がい・知的障がい・視覚障がいが重複し、
体全部が動かしにくくなっていること。
などを語った。
13TN3_7150.jpg14TN3_7153.jpg15TN3_7158.jpg
また、「家族で外食した際、
ほかの人から、クスクス笑われたり、
『死んでるの?』と指さされたりして、
嫌な気持ちになったこともある。
でも、みんな同じ命だと、世の中の人たちに、
知ってもらうことが重要だと気付いた」と述べ、
「困っている人がいたら、声を掛ける。
声を掛けられなくても、相手を思いやる。
心のバリアフリーを持とう」と教えた。
このページへチップを贈る
カテゴリ : 土岐市記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム