広告表示


2023年02月27日 (16:53)

川島建材が濃南中にホワイトボードを寄贈【じゅうろくSDGsリース(寄付型)】

砂利採取業などを営む「株式会社川島建材」
(本社=土岐市鶴里町細野・
加藤久季代表取締役社長)は、
十六リース株式会社(本社=岐阜市)の商品
「じゅうろくSDGsリース(寄付型)」を活用し、
土岐市立濃南中学校(土岐市鶴里町細野・
本多直也校長)に「ホワイトボード」を寄贈。
寄贈品の贈呈式が、同校で開かれ、
川島建材の加藤久季社長や、
十六リースの豊田正康専務取締役らが来校した。
01TN3_5853.jpg02TN3_5868.jpg03TN3_5861.jpg
04TN3_5875.jpg05TN3_5881.jpg06TN3_5885.jpg
「じゅうろくSDGsリース(寄付型)」は、
省エネ・脱炭素機器を、リースなどで導入した際、
顧客の賛同を得て、契約額から物件代金の
0・1パーセントに相当する金額を、
自治体や教育機関、医療機関などに寄付するもの。
web-16lease-2023.jpg
川島建材は、最新の「油圧ショベル」をリース。
加藤久季社長(39歳・かとうひさき)の母校・
濃南中学校のために、役立てることにした。
ホワイトボードは、濃南中学校が希望した物。
濃南中学校では、来年度から、
「多目的ワークスペース」を、
「ランチルーム」に変更。
全学年が一堂に会し、給食を食べるようになるが、
その際の「メッセージボード」として、
今回の寄贈品を活用する。
07TN3_5900.jpg08TN3_5918.jpg09TN3_5926.jpg
贈呈式では、川島建材の加藤久季社長が、
生徒代表の田中紅羽さん(2年生・14歳・
たなかいろは)に、目録を手渡した。
川島建材の加藤久季社長は、
「ここ濃南中学校は、わたしが卒業した母校。
今回、十六リースさんとの契約で、
建設機械を導入させてもらった。
それにより、SDGsの取り組みとして、
母校が必要とする物を、寄贈する機会も、
与えていただけた。
十六リースさんと、受け取ってもらう
濃南中学校さんに、感謝を申し上げたい。
このホワイトボードを、授業や部活などに、
使ってもらえたら、うれしい」と述べた。
10TN3_5909.jpg11TN3_5913.jpg
カテゴリ : 企業&店舗記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
広告表示



広告表示