広告表示


2023年03月01日 (13:03)

東濃信用金庫が創業100周年記念式典【7日(火)に新本店がグランドオープン】

東濃信用金庫(加知康之理事長)は、
「創業100周年記念式典」を、
新本店(多治見市本町)で開いた。
01TN3_6580.jpg02TN3_6277.jpg03TN3_6282.jpg
04TN3_6285.jpg05TN3_6300.jpg06TN3_6315.jpg
記念式典には、来賓として、
東海財務局の伊野彰洋局長をはじめ、
日本銀行名古屋支店の中島健至支店長や、
一般社団法人全国信用金庫協会の御室健一郎会長、
信金中央金庫の柴田弘之理事長、
多治見市の古川雅典市長らを招待。
近隣の首長や商議所の会頭ら約90人で、
東信1世紀の歴史を祝った。
07TN3_6319.jpg08TN3_6321.jpg09TN3_6327.jpg
10TN3_6339.jpg11TN3_6349.jpg12TN3_6355.jpg
東濃信用金庫は大正11(1922)年1月に、
有限責任多治見信用組合として創業。
昨年、令和4(2022)年1月に、
創業100周年を迎えた。
13TN3_6360.jpg14TN3_6385.jpg15TN3_6407.jpg
16TN3_6421.jpg17TN3_6427.jpg18TN3_6437.jpg
創業100周年を契機に、本店の建て替えを実施。
旧本店は、昭和47(1972)年9月に、
新築開店しており、老朽化していた。
新本店は、旧本店の南側、駐車場だった場所に建設。
令和3(2021)年12月3日(金曜日)に、
新本店の竣工(しゅんこう)式を開いた。
19TN3_6447.jpg20TN3_6456.jpg21TN3_6466.jpg
22TN3_6503.jpg23TN3_6519.jpg24TN3_6524.jpg
新本店は、令和4(2022)年1月に
「プレオープン」し、既に業務を開始。
一方、旧本店は取り壊し、駐車場にするなど、
周辺整備の工事が完了した。
新本店は、来週、
令和5(2023)年3月7日(火曜日)に、
「グランドオープン」する。
25TN3_6526.jpg26TN3_6534.jpg27TN3_6535.jpg
28TN3_6552.jpg29TN3_6564.jpg30TN3_6509.jpg
本日の創業100周年記念式典では、
「東濃歌舞伎中津川保存会」のメンバーが、
地歌舞伎「お祝いの舞」を披露したほか、
「100周年メモリアル動画」を上映した。
web-01-tono-shinkin-2023-03-07-EPSON005.jpgweb-02-tono-shinkin-2023-03-07-EPSON007.jpg
東濃信用金庫の加知康之理事長は、
「私ども役職員は、創業100周年を機に、
いま一度、原点に立ち返り、経営理念
『地元と共にあり、共に栄える』の下、
健全経営を進め、次の100年に向けて、
持続可能な地域社会の発展に、
貢献していきます。
私どもの真摯(しんし)な取り組みに対し、
深いご理解をたまわり、引き続き、
格別のご指導・ご鞭撻(べんたつ)を、
よろしくお願い申し上げます」と述べた。
カテゴリ : 企業&店舗記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
広告表示



広告表示