広告表示


2023年07月16日 (14:20)

土岐津町連合自治会がR5「土岐津町防災研修会」【危険箇所の「見える化」を】

土岐市の土岐津町連合自治会
(長谷川和春会長)は、
令和5(2023)年度
「土岐津町防災研修会」を、
土岐津公民館の大ホール
(土岐市土岐津町土岐口)で開いた。
01TN3_3757.jpg02TN3_3748.jpg03TN3_3714.jpg
土岐市では、地域防災力の向上を図るため、
平成24(2012)年度から、
「災害図上訓練」(DIG・ディグ)を、
土岐市内の各地区で開始した。
当初は土岐市役所が主催していたが、
現在は各自治会の主催に移行。
防災士の人数も増え、
防災研修会をサポートしており、
各地域が自主的かつ主体的に、
防災問題に取り組むようになった。
04TN3_3706.jpg05TN3_3716.jpg06TN3_3721.jpg
本日の土岐津町防災研修会には、
土岐津町内の自治会役員や町内の代表者ら、
175人が参加。
「午前の部」と「午後の部」に分かれた。
土岐津町防災の会(松崎多恵子会長)が主管し、
同会に所属する防災士が、進行や運営を手伝った。
07TN3_3710.jpg08TN3_3729.jpg09TN3_3738.jpg
最初は研修会
「避難準備と家庭備蓄について」を開催し、
防災担当の土岐市職員(危機管理室)が、
講師を務めた。
10TN3_3728.jpg11TN3_3735.jpg12TN3_3734.jpg
続いて、グループワークを行い、
災害図上訓練(DIG)に取り組んだ。
参加者らは各地区ごとの地図を広げ、
「防災マップ」を作製。
避難所や防災倉庫などの場所にシールを張ったり、
ハザードマップ(災害予測地図)を基に、
特別警戒区域(レッドゾーン)や、
警戒区域(イエローゾーン)を色付けしたりした。
町内の危険箇所を『見える化』し、
災害時の安全な避難方法を考えた。
13TN3_3742.jpg14TN3_3750.jpg15TN3_3773.jpg
発表した参加者らは、
「地域避難所の開設マニュアルを、
市が作成しているのなら、いただきたい」とか、
「地域避難所の鍵の管理者や、
市への連絡方法などを確認できた」、
「『町内で発電機を購入すべきではないか』
といった意見が出た」などと述べた。
16TN3_3763.jpg17TN3_3777.jpg18TN3_3783.jpg
カテゴリ : 土岐市記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
広告表示



広告表示