広告表示


2023年07月25日 (16:54)

小川凜佳選手がレスリングのU17世界選手権へ【中京高校2年生】

中京高校(瑞浪市)の2年生、小川凜佳さん
(中津川市在住・16歳・おがわりんか)が、
トルコ共和国のイスタンブールで開かれる、
「2023年U17世界レスリング選手権大会」
(7月31日~8月6日開催)に、
日本代表として出場する。
中京高校レスリング部の若山真毅コーチと一緒に、
瑞浪市役所を訪れ、水野光二市長に、
世界大会へ向けた意気込みを語った。
01TN3_5196.jpg02TN3_5207.jpg03TN3_5211.jpg
小川凜佳選手は4人きょうだいの長女。
兄の小川琉生さんと妹と弟がいるが、
4人ともレスリングに取り組んでいる。
出身は三重県四日市市だが、
レスリングをやるために、
岐阜県中津川市へ移住した。
04TN3_5223.jpg05TN3_5231.jpg06TN3_5237.jpg
小川凜佳選手は、3歳からレスリングを始め、
昨年度、令和4(2022)年度のインターハイ
「全国高等学校総合体育大会レスリング競技
女子個人50キロ級」では準優勝。
今年の4月に開かれた、
JOCジュニアオリンピックカップ
令和5(2023)年度
ジュニアクイーンズカップ・
レスリング選手権大会
」では、
U17の49キロ級に出場し、見事優勝した。
本年度は、インターハイへの出場は辞退し、
世界大会(女子フリースタイル49キロ級)に、
臨むことにした。
また、モンゴルで開かれる、
「第2回東アジアユース競技大会」
(8月21日~8月24日開催)にも出場する。
07TN3_5245.jpg08TN3_5259.jpg09TN3_5267.jpg
若山真毅コーチは、小川凜佳選手について、
「気が強いが器用。勝負強さもある」と評価。
小川凜佳選手は、
「外国人の選手と試合をするのは初めて。
海外の選手は力が強いと聞いている。
どのくらい、自分が対応できるのか、楽しみ。
得意技の片足タックルを決めたい」と、
抱負を述べた。
カテゴリ : 瑞浪市記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
広告表示



広告表示