広告表示


2023年08月24日 (14:52)

吉村悠希選手がインターハイ2連覇【重量挙げ男子73キロ級】

岐阜県立土岐商業高校の3年生、吉村悠希選手
(18歳・土岐市肥田浅野双葉町・
よしむらゆうき)が「令和5(2023)年度・
全国高等学校総合体育大会」(インターハイ)の
ウエイトリフティング(ウエートリフティング・
重量挙げ)男子73キロ級で優勝。
昨年、2年生の時も、優勝しており、
インターハイ連覇を達成した。
01TN3_0438.jpg02TN3_0449.jpg
本日は、土岐商業高校の中澤正仁教頭、
同校ウエイトリフティング部の小栗和成顧問、
同校ウエイトリフティング部の近藤大貴顧問、
土岐市ウエイトリフティング協会の
戸松伸隆理事長と一緒に、土岐市役所を訪れ、
加藤淳司市長に2連覇を報告した。
03TN3_0462.jpg04TN3_0470.jpg
男子73キロ級は、8月12日(土曜日)に、
士別市総合体育館(北海道士別市)で開催。
吉村悠希選手はスナッチで112キロ(4位)、
クリーン&ジャークで141キロ(1位)、
トータルで253キロ(1位)を挙げ、
優勝(金メダル2個)を果たした。
05TN3_0478.jpg06TN3_0486.jpg
小学校5年生から、
重量挙げを始めた吉村悠希選手は、
「昨年末に、左肘(ひじ)を痛めており、
万全の状態で、臨むことができなかった。
クリーン&ジャークの2本目の試技では、
勝ち急いでしまい、まさかの失敗。
残る1本にすべてがかかったが、
インターバルの間、
周囲の声が聞こえなくなるほど集中し、
落ち着くことができた。
だから、ラスト3本目の試技を成功させ、
逆転優勝をすることができた。
10月には、高校生活最後の大会として、
かごしま国体が控えている。
国体では、スナッチとクリーン&ジャーク、
計6本の試技を、すべて成功させたい。
高校卒業後、大学へ進学しても、
競技を続けます」と語った。
07TN3_0496.jpg08TN3_0505.jpg
ちなみに、岐阜県の選手が、
全国総体(インターハイ)男子・重量挙げで、
連覇を達成したのは、
昭和43(1968)年以来、4人目。
インターハイの様子は「インハイTV」へ。
※4時間3分30秒ごろ。
カテゴリ : 土岐市記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
広告表示



広告表示