広告表示


2023年10月05日 (17:26)

泉中3年生がアドマテックスから科学を学ぶ【「子供と科学技術の架け橋」が主催】

NPO法人「子供と科学技術の架け橋」
(岐阜市市橋・森英信理事長)は、
土岐市立泉中学校(泉町大富・長谷川広和校長)で、
第20回「子供と科学技術の架け橋」講演会を開催。
株式会社アドマテックス(本社=愛知県みよし市)の
安部賛取締役会長(あべすすむ)が講師を務め、
3年生約150人に、最先端の科学技術を教えた。
01TN3_8379.jpg02TN3_8390.jpg03TN3_8405.jpg
04TN3_8413.jpg05TN3_8423.jpg06TN3_8432.jpg
NPO法人「子供と科学技術の架け橋」では、
岐阜県内の小学校・中学校・高校を対象に、
講演会を開催。
講師として、科学者や技術者らを学校へ派遣し、
子供たちの科学教育や人間教育の向上を図っている。
土岐市での開催は、平成28(2016)年度に、
土岐市立土岐津中学校(土岐津町)で開催した、
第8回「講演会」以来、2回目。
07TN3_8439.jpg08TN3_8449.jpg09TN3_8444.jpg
10TN3_8466.jpg11TN3_8496.jpg12TN3_8523.jpg
アドマテックスでは、真球状酸化物微粒子
「アドマファイン」などを製造。
金属粉末の爆燃現象を利用して作り出す製品で、
低熱膨張・放熱性・流動性などが優れており、
半導体には欠かせない素材となっている。
また、土岐市には、泉町久尻の工業団地
「土岐アクアシルヴァ」内に、
土岐事業所を構えている。
13TN3_8527.jpg14TN3_8519.jpg15TN3_8555.jpg
16TN3_8564.jpg17TN3_8516.jpg18TN3_8586.jpg
アドマテックスの安部賛会長は、
「世界NO.1のモノづくり
─素材の力で世界を変える─
トヨタ自動車 社内ベンチャー第1号!」を演題に、
①アドマファインの誕生秘話
②アドマファインの特性
③アドマファインを利用した製品
などを説明。
中学3年生がやるべきこととして、
①「たくさんの本を読むこと!」
②「なんでもよいから
1つのことを長く続けること!」
③「興味のあることは
自分から飛び込んでいって経験すること!」
の3つを教えた。
19TN3_8581.jpg20TN3_8593.jpg21TN3_8595.jpg
22TN3_8619.jpg23TN3_8622.jpg24TN3_8628.jpg
講演終了後には、アドマテックスの社員も協力し、
流動性の実験や爆燃体験などを実施。
生徒らは、微量のアドマファインを加えるだけで、
粉末の流動性が向上することや、
アドマファインを利用した塗料の
遮熱効果を確認した。
25TN3_8645.jpg26TN3_8649.jpg27TN3_8651.jpg
このページへチップを贈る
カテゴリ : 土岐市記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
広告表示



広告表示