広告表示


2023年10月10日 (15:59)

瑞浪市議会が事業評価報告書を市長に提出【今年は初めて「再評価」も】

瑞浪市議会は、議会の評価として、
「令和5(2023)年度・事業評価報告書」を作成。
10月6日(金曜日)には、
加藤輔之議長をはじめ、予算決算委員会の
奥村一仁委員長と柴田増三副委員長の3市議が、
瑞浪市役所を訪れ、水野光二市長に手渡した。
web01-DSC_8561.jpg02-DSC_8574.jpg
瑞浪市議会では、
瑞浪市議会基本条例第7条第2項にのっとり、
平成26(2014)年から、市の事業を評価。
報告書(事業評価書)としてまとめ、
市長に提出している。
「令和5(2023)年度・事業評価報告書」は、
「令和4(2022)年度決算審査分事業評価」と、
「過年度事業評価再評価分事業評価」で構成。
web01-mizu-gikai-2023-.jpg
「令和4(2022)年度決算審査分事業評価」では、
瑞浪市が令和4(2022)年度に実施した、
670事業の中から、市議会が選定。
16人の全市議が、選定した10事業について、
①必要性・②実施主体・③目標指標・
④効率性・⑤成果の5項目で評価し、
その上で、「総合評価」を下した。
web02-mizu-gikai-2023-.jpg
また、今回は初めて、過年度の事業のうち、
評価が低かった事業について、再評価も実施。
「過年度事業評価再評価分事業評価」として、
「空き家等改修補助事業」と、
「空き店舗賃貸借促進奨励事業」の
2事業を再評価した。

【写真提供=瑞浪市】
カテゴリ : 瑞浪市記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
広告表示



広告表示