広告表示


2023年11月07日 (19:28)

西陵中の林さん姉妹が全国大会へ【フルコンタクト空手道】

土岐市立西陵中学校の生徒、
林美月さん・林芽衣奈さん姉妹が、
空手の全国大会「第17回JKJO
全日本ジュニア空手道選手権大会

《一般社団法人全日本空手審判機構
(JKJO)主催・国立代々木競技場
第一体育館(東京都渋谷区)・
11月26日(日)開催》に出場する。
母親と一緒に、土岐市役所を訪れ、
全国大会へ向けた意気込みを、
山田恭正教育長に語った。
01TN3_6219.jpg02TN3_6226.jpg03TN3_6237.jpg
2人とも、フルコンタクト空手道の選手
(直接打撃制・防具あり・試合時間は1分30秒・
引き分けの場合は1分延長)。
【姉】林美月選手
《西陵中学校3年生・下石町・
15歳・はやしみづき・
心想流空手道連盟和田道場(多治見市)所属・
空手開始=小学校1年生・得意技=上段横蹴り》
全国大会の予選会「中部地区代表選抜大会」
中学2~3年女子50キロ未満クラス(第3位)
【妹】林芽衣奈選手
《西陵中学校1年生・下石町・
13歳・はやしめいな・
心想流空手道連盟和田道場(多治見市)所属・
空手開始=年中・得意技=後ろ回し蹴り》
全国大会の予選会「中部地区代表選抜大会」
中学1年女子43キロ以上クラス(第3位)
04TN3_6245.jpg05TN3_6248.jpg06TN3_6257.jpg
林美月選手と林芽衣奈選手は2人姉妹。
昨年の全日本選手権では、2人とも、
1回戦は勝ったが、2回戦で敗退している。
林美月選手は、
「中学生としては、最後の全国大会になるので、
悔いの残らない試合がしたい。
昨年の全国大会以降、
あらためて基礎練習に取り組むとともに、
得意技を伸ばしてきた。
いままで練習してきた成果を試合で発揮し、
前回の大会よりも上の順位を目指します」と語り、
林芽衣奈選手は、
「中学生としては、初めての全国大会。
中学生からは、上段膝蹴りが認められるので、
その練習をしてきた。
技術面だけではなく、
メンタル面にも弱さがあったが、この1年で、
両方とも鍛えることができた」と抱負を述べた。
07TN3_6262.jpg08TN3_6272.jpg09TN3_6284.jpg
カテゴリ : 人物&団体記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
広告表示



広告表示