広告表示


2023年11月24日 (12:23)

ブータンの防災担当一行が瑞浪市で研修会【災害対応を学ぶ】

ブータン王国で、防災などを担当している、
国・県・市の職員らでつくる視察団が来日。
瑞浪市役所を訪れ、
防災を担当している瑞浪市職員から、
瑞浪市の防災体制について学んだ。
01TN3_1657.jpg02TN3_1669.jpg03TN3_1680.jpg
04TN3_1691.jpg05TN3_1697.jpg06TN3_1711.jpg
ブータンの一行は「ブータン国 第2回本邦研修
『防災関係機関の洪水災害対応』研修員」として、
独立行政法人国際協力機構(JICA)が、
招聘(しょうへい)。
ODA(政府開発援助)による、
ティンプー川・パロ川流域における
災害事前準備・対応のための気象観測予報・
洪水警報能力強化プロジェクト
」の一環で、
11月15日(水曜日)から、
11月29日(水曜日)まで、日本で研修を行う。
既に愛知県の岡崎市や幸田町などを視察しており、
岐阜県内の受け入れ自治体は、瑞浪市のみ。
瑞浪市には、日本でいう、
総務省・国土交通省・気象庁の職員や、
県・市の防災担当職員ら、合計8人が訪れた。
07TN3_1712.jpg08TN3_1728.jpg09TN3_1738.jpg
10TN3_1752.jpg11TN3_1759.jpg12TN3_1774.jpg
研修の前には、歓迎会を開催。
みずなみ防災会の伊藤道廣代表も同席した。
水野光二市長のあいさつの後、
ブータン自治・防災局のチョキ・タシさん
(副主任計画担当官・Choki Tashi)が、
「ブータンでは『日本は災害に強い国』という
イメージを持っている。
災害への備え方を参考にしたい。
瑞浪市は70パーセントが森林ということだが、
私たちの環境も同じであり、
今回の研修会は有意義なものだと思う。
災害を回避することはできないが、
被害を少なくすることはできる。
これから努力をし、より安全な国にしたい。
安全な国になれば、国民は、
より幸せになると思う」と述べた。
13TN3_1787.jpg14TN3_1811.jpg15TN3_1817.jpg
16TN3_1818.jpg17TN3_1825.jpg18TN3_1799.jpg
ブータンの一行は、瑞浪市役所で研修を受けた後、
小里川ダム(恵那市山岡町)の視察へ向かった。
カテゴリ : 瑞浪市記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
広告表示



広告表示