広告表示


2023年12月01日 (11:34)

土岐市の1個人と1団体がR5「岐阜県地域子ども支援賞」に輝く

土岐市の1個人と1団体が、
令和5(2023)年度
「岐阜県地域子ども支援賞」に輝いた。
本日、12月1日(金曜日)には、
土岐市役所で、受賞報告会が開かれ、
受賞者が山田恭正教育長に、
活動内容や子供たちへの思いを語った。
01TN3_4109.jpg02TN3_4121.jpg03TN3_4112.jpg
岐阜県地域子ども支援賞は、
子供を育てる環境整備を、地域全体で推進するため、
平成15(2003)年度から始まった、
岐阜県の表彰制度。
本年度、令和5(2023)年度は、
個人62人・団体31組が選ばれた。
04TN3_4125.jpg05TN3_4144.jpg06TN3_4161.jpg
土岐市からは、小学校や地域住民からの声を受けて、
土岐市教育委員会が推薦。
個人の部では、奥田徹さん
(妻木町・76歳・おくだとおる)が、
団体の部では、ときつこども食堂《佐賀街子代表
(土岐津町・77歳・さがまちこ)》が、
それぞれ選ばれた。
07TN3_4201.jpg08TN3_4180.jpg09TN3_4188.jpg
奥田徹さんは、妻木放課後教室に携わった際、
土岐市立妻木小学校(妻木町)の中庭で、
校長と教務主任が草刈り作業を行っているのを見て、
学校の環境整備に協力することを思い立った。
平成20(2008)年9月から、
妻木小学校で、草刈り作業を開始。
おととしは50回、昨年は60回、
今年は55回、ボランティア活動に努めた。
ちなみに、奥田徹さんの妻は、
ギャラリースペース岳(妻木町)のオーナーで、
洋画家の奥田幸子さん(ゆきこ)。
10TN3_4225.jpg11TN3_4204.jpg12TN3_4217.jpg
ときつこども食堂は、
土岐市内で30年ほど喫茶店を営んでいた、
佐賀街子さんの呼び掛けで始まった。
平成29(2017)年12月17日に、
土岐市土岐津町高山の
本町倶楽部(本町クラブ)でプレオープン
高山区民会館を経て、現在は、
土岐津町高山の倉庫で活動している。
メンバーは、60歳代から70歳代までの
土岐市在住の女性ばかりで、
佐賀街子さんを含めて7人。
臨時のサポーターを含めると、毎回10人程度で、
月2回(第2日曜日・第3日曜日)、
無料で食事を提供している。
13TN3_4234.jpg14TN3_4246.jpgweb-toki-2023-12-01-EPSON072.jpg
カテゴリ : 土岐市記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
広告表示



広告表示