広告表示


2023年12月07日 (17:37)

東濃フロンティア高校の所絢音選手が100mHで優勝【全国高校定時制通信制体育大会】

岐阜県立東濃フロンティア高等学校1年生、
所絢音さん(中津川市落合・16歳・ところあやね)が、
「全国高等学校定時制通信制体育大会」
《第58回全国高等学校定時制通信制陸上競技大会
8月10日~8月13日開催・
駒沢オリンピック公園総合運動場陸上競技場
(東京都世田谷区)》の
陸上女子100メートルハードル
(全学年対象)で優勝。
東濃フロンティア高校陸上競技部の
野村直利顧問(31歳)と一緒に土岐市役所を訪れ、
加藤淳司市長に喜びを語った。
01TN3_5518.jpg02TN3_5540.jpg03TN3_5538.jpg
所絢音選手は、中学時代は、
ソフトテニスを部活動にしていた。
高校入学後、部活見学で、
試しにハードルを跳んでみると、
「楽しかった」ため、陸上部に入部。
野村直利顧問の指導の下、
5月中旬から練習をはじめ、わずか3カ月で、
定時制通信制の全国大会で、1位になった。
全国大会では、予選を18秒66で通過し、
決勝では18秒30の自己ベストをたたき出した。
04TN3_5547.jpg05TN3_5551.jpg06TN3_5554.jpg
所絢音選手は、
「優勝した瞬間は、うれしさと同時に驚いた。
来年も連覇し、自己ベストを更新したい。
また、100メートル走でも、
優勝できるように頑張ります」と述べた。
陸上部の野村直利顧問は、
「陸上は、一生懸命やった選手が報われる競技。
ハードルは約84センチもあり、ぶつかると痛いので、
恐怖心を抱かせない練習に取り組んできた。
いままで陸上をやってこなかったことが、かえって、
わたしが考えた『勝てるハードル作戦』に、
マッチした結果だと思う」と語った。
07TN3_5557.jpg08TN3_5572.jpg09TN3_5578.jpg
カテゴリ : 人物&団体記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
広告表示



広告表示