広告表示


2023年12月08日 (21:54)

麗澤瑞浪産のブルーベリーがパンに【穂並のパントリーで販売中】

麗澤瑞浪中学・高等学校
(瑞浪市稲津町萩原・藤田知則校長)の
高校1年生5人が、キャンパス内の畑で、
ブルーベリーを栽培。
01TN3_5716.jpg02TN3_5766.jpg
瑞浪市穂並のパン屋
「Pantry」(パントリー)が、
このブルーベリーをふんだんに使ったパン
「タルトブリオッシュ」
(1個290円・税込み)を販売したところ、
「ブルーベリーとクリームチーズの相性が絶妙」、
「甘さもちょうど良く、大粒のブルーベリーの
食感がたまらない」などと、好評を博している。
03TN3_5761.jpg04TN3_5750.jpg
来年3月までの期間限定商品として、
12月1日(金曜日)に発売。
既に人気商品の1つになっており、
売り切れの場合も。
問い合わせは「Pantry」(パントリー)
(TEL0572─56─0122)まで。
05TN3_5789.jpg06TN3_5783.jpg
麗澤瑞浪高校の5人は友達同士で、
「麗澤瑞浪ネイチャー」の頭文字から、
チーム名「REMIN」(レミン)として活動。
中学2年生の時、
ブルーベリーの木、約30本が立っている場所を、
駐車場にする計画があることを知った。
「たくさんの実がなるほど成長しているのに、
ブルーベリー畑をつぶしてしまうのは、
もったいない」と考え、
「自分たちで、畑の維持・管理を行うので、
つぶさないでほしい」と学校に訴えた。
07TN3_5813.jpg08TN3_5787.jpg
認められたため、中学2年生の冬から、
ブルーベリーの手入れを開始。
寒さ対策として、畑に落ち葉を敷き詰めたほか、
肥料・草刈り・剪定(せんてい)作業などを、
家族や地域住民らの手を借りながら励んだ。
収穫期の夏休みには、朝の5時から1時間程度、
ブルーベリーを手摘み。
1週間で、100キロ以上の実を集めた。
09TN3_5820.jpg10TN3_5828.jpg
大量に収穫したブルーベリーは、
麗澤瑞浪ゴルフ倶楽部や、
瑞浪市内のカフェで販売したが、
生のままでは日持ちがしない。
冷凍保存にしたが、
さばくことができずに困っていたところ、
「Pantry」(パントリー)の協力を、
得ることができた。
11TN3_5833.jpg12TN3_5837.jpg
チーム「REMIN」(レミン)の生徒は、
SDGsの目標12に、
『つくる責任つかう責任』がある。
質の良い物を栽培する『つくる責任』も大変だが、
流通・販売において、残さず使い切るという、
『つかう責任』を達成するのに、苦労した」とか、
「せっかくはじめた取り組みだが、
来年からは受験生になる。
後輩に引き継いでもらえるように、
これまでの活動内容を、文化祭で発表したい」
などと話している。
カテゴリ : 企業&店舗記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
広告表示



広告表示