広告表示


2023年12月15日 (22:38)

瑞浪市防犯推進の会が年末特別警戒へ【3年ぶりに出発式】

瑞浪市防犯推進の会(伊藤修二会長)は、
本日、12月15日(金曜日)午後6時から、
瑞浪市役所本庁舎の市民ホール(1階)で、
「年末特別警戒出発式」を開いた。
01TN3_6496.jpg02TN3_6509.jpg
犯罪や事故の未然防止を図ろうと、
「年末年始地域安全運動」
《令和5(2023)年12月11日(月曜日)
~令和6(2024)年1月5日(金曜日)》
の一環として実施。
年末特別警戒に伴う「出発式」は、
隔年で行っている。
令和2(2020)年に開催したが、
令和4(2022)年は、
新型コロナウイルス感染症対策のため、中止。
3年ぶりに開いた。
03TN3_6521.jpg04TN3_6532.jpg
瑞浪市防犯推進の会は、
平成17(2005)年4月1日に設立。
現在の会員数は約400人で、
青色回転灯装備車(青パト)を使った、
防犯啓発パトロールなどを通じて、
市民の防犯意識の向上に寄与している。
巡回の際は、瑞浪市から、
公用車10台を借りて活動。
10支部に分かれて、
瑞浪市内全域をカバーしている。
05TN3_6542.jpg06TN3_6554.jpg
本日の年末特別警戒出発式には、
水野光二市長や多治見警察署の林竜一署長、
瑞浪市防犯推進の会のメンバーら、
約70人が参加。
07TN3_6560.jpg08TN3_6565.jpg
瑞浪市防犯推進の会の伊藤修二会長は、
「瑞浪市防犯推進の会は、昨年亡くなられた、
泉碩也さんが中心となり、発足しました。
発足後18年の間に、延べ1000人ほどの方に、
メンバーとして、青パトに乗っていただいた。
瑞浪市の人口から考えますと、
この人数は誇るべきものだと思います。
多くの方に防犯活動にかかわっていただいたことが、
瑞浪市内における犯罪の抑止につながっていると、
自負しています。
ただ年末は、特に振り込め詐欺などが、
発生すると聞いています。
市民の皆さんが、そうした被害に遭わないように、
また明るい年が迎えられるように、
啓発活動へのご協力を、
よろしくお願いします」と述べた。
09TN3_6573.jpg10TN3_6586_20231215233756455.jpg
参加者らは青パト10台に分乗。
警察車両を先頭に、瑞浪市役所を出発した。
青パトの一行は、県道386号線を通り、
JR瑞浪駅前から市道公園線を抜けて、
市役所へ戻る約5キロのコースで、
パレードを行った。
11TN3_6625.jpg12TN3_6636.jpg
なお、毎回、パレードとは別に、
JR瑞浪駅前で、防犯啓発活動を行っているが、
前回と同様、今回も実施を見送った。
カテゴリ : 人物&団体記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
広告表示



広告表示