広告表示


2023年12月18日 (15:24)

東濃特別支援学校にクリスマスプレゼントを【優志の会が楽器などを寄贈】

ボランティア団体「優志の会」
(ゆうしのかい・市川一幸会長)は、
ミニマラカスやキッズハンドベル、
英語のCD、電子ホイッスルなどを、
岐阜県立東濃特別支援学校
(土岐市泉町河合・大竹陽平校長)に寄贈。
贈呈式が東濃特別支援学校で開かれ、
サンタクロースに扮(ふん)した、
市川一幸会長らメンバー3人が、
大竹陽平校長や小学部の代表児童らに、
プレゼントを手渡した。
01TN3_7191.jpg02TN3_7125.jpg
優志の会は、東濃西部3市
(多治見市・土岐市・瑞浪市)に住む、
20歳代から60歳代までの20人で構成。
建設業やコンビニのオーナー、人材派遣業、
陶磁器販売業、倉庫業、塗装業など、
さまざまな業種が集まっている。
03TN3_7142.jpg04TN3_7148.jpg
東濃特別支援学校の児童生徒を応援しようと、
平成28(2016)年度から毎年、
クリスマスの時期に教材などを寄贈。
同校で開かれる「お楽しみ会」
(クリスマス会)に、サンタ役として参加し、
プレゼントを贈っている。
05TN3_7157.jpg06TN3_7165.jpg
新型コロナウイルス感染症対策のため、
本年度も含め、令和2(2020)年度から、
お楽しみ会には参加できていないが、
クリスマスプレゼントは継続。
今年は、ミニマラカス5個・
キッズハンドベル1セット・
キッズハンドシンバル1セット・
エナジーチャイム2式・
ステップカラーラバーリング40
(10本入り)2式・
電子ホイッスル1個・英語CD1式の
計約5万円相当を贈った。
07TN3_7182.jpg08TN3_7176.jpg
優志の会の市川一幸会長
美濃寿司店主・46歳)は、
「東濃特別支援学校の児童や生徒さんとは、
普段、接する機会がほとんどないため、
優志の会でも、特別支援学校のことを、
よく知らないメンバーがいる。
ぜひ今後、学校見学や、
子供たちと触れ合う機会をいただきたい。
メンバーの中には、事業主も多いので、
学校卒業後の就労につながるような
協力もしていきたい。
これからも、学習や運動など、
学校生活に役立つものを贈ります」と述べた。
カテゴリ : 人物&団体記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
広告表示



広告表示