広告表示


2024年01月05日 (21:06)

土岐商工会議所がR6「新年互礼会」【節目の年に向けて明確な目標を】

土岐商工会議所(石黒信彦会頭)は、
セラトピア土岐(土岐市土岐津町高山)で、
「令和6(2024)年・新年互礼会」を開催。
古屋圭司衆議院議員・加藤淳司市長・
山内房壽県議・西尾隆久市議会議長・
土岐市内の財界人ら、115人が出席した。
01TN3_8967.jpg02TN3_8972.jpg03TN3_8975.jpg
04TN3_8995.jpg05TN3_8989.jpg06TN3_9038.jpg
過去、新年互礼会は、土岐市地域経済懇話会
(会長=土岐商工会議所会頭)が主催してきたが、
令和4(2022)年からは、
土岐商工会議所が主催している。
今年の新年互礼会では、コロナ禍のため、
令和2(2020)年を最後に行っていなかった、
「講演会」と「懇親会」を復活させた。
07TN3_9031.jpg08TN3_9057.jpg09TN3_9063.jpg
10TN3_9087.jpg11TN3_9074.jpg12TN3_9104.jpg
開会に先立ち、「令和6年能登半島地震」の
犠牲となった被災者に対して、
出席者全員で、黙とうをささげた。
土岐商工会議所の石黒信彦会頭は、
自身が取り組んでいる構想・夢として、
①中心市街地の活性化や、
市全体のまちづくりに影響を与えるため、
土岐市が建設する新しい博物館の周辺に、
市内外から人を集める。
②にぎわいと一体感を創出するため、
土岐市内各地で行われている、
美濃焼まつりを1つにする。
③日本語学校を誘致する。
④東美濃地域6市1町の広域連携を推進する。
を挙げ、
「来年、令和7(2025)年は、
土岐市は市制70周年を、
土岐商工会議所は創立60周年を、
それぞれ迎える。
土岐商工会議所としては、節目の年に向けて、
明確な目標を打ち出したい。
本年は、そのための準備期間であり、
市との連携を、なお一層深めていきたい」と述べた。
13TN3_9103.jpg14TN3_8954.jpg15TN3_9109.jpg
16TN3_9121.jpg17TN3_9127.jpg18TN3_9140.jpg
来賓のあいさつに続いて、
まちづくりに功績があった、
個人・法人・団体を表彰する、
「とき☆キラリ賞」の表彰式を開催。
石黒信彦会頭が受賞者らに、
表彰状と副賞を手渡した。
とき☆キラリ賞の授与は、今年で15回目。
副賞として、土岐市下石町の陶芸家、
加藤保幸さんの作品を贈った。
19TN3_9144.jpg20TN3_9165.jpg21TN3_9172.jpg
22TN3_9043.jpg23TN3_9175.jpg24TN3_9182.jpg
今回は、岐阜県立土岐商業高校の3年生で、
ウエイトリフティング競技
(ウエートリフティング競技・
重量挙げ)で活躍した吉村悠希さんと、
土岐市出身の女子プロゴルファー、
神谷そらさんの2人が受賞した。
吉村悠希さんは同校ウエイトリフティング部の
近藤大貴顧問と一緒に登壇。
神谷そらさんは欠席のため、代理として、
祖父の大橋廣さんが受け取った。
web-tokicci-r6-01-05-EPSON006.jpg
カテゴリ : 土岐市記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
広告表示



広告表示