広告表示


2024年02月02日 (15:38)

稲津公民館で2月11日(日)にフォークビレッジ2024

第15回「稲津(いなつ)フォーク
Village(ビレッジ)2024」が、
2月11日(日曜日)に、
稲津公民館の多目的ホール
(瑞浪市稲津町小里)で開かれる。
入場無料(整理券不要)。
web01DSC_8893.jpgweb02DSC_8889.jpg
いなつフォークVillage(稲津フォークビレッジ)は、
地元住民らでつくる「稲津フォーク村実行委員会」
(山口健治『村長』)が主催。
地元のアマチュア演奏家や、
稲津公民館の自主グループ
「いなつミュージッククラブ」のメンバーらが、
フォークソングやポップスなどを生演奏する。
新型コロナウイルス感染症対策のため、
令和3(2021)年の第12回と、
令和4(2022)年の第13回は中止。
今年、令和6(2024)年は、
「歌は続き旅はまだ終わらない」をテーマに催す。
web03DSC_8902.jpgweb04DSC_9642.jpg
今回は稲津町民を中心に、
小学5年生から60歳代までの23人が、
6バンドに分かれて出演する。
当日は2部制で行う。
「午前の部」は午前10時からで、
「午後の部」は午後1時から開演。

昨日、2月1日(木曜日)には、
山口健治村長(64歳)や出演する児童らが、
瑞浪市役所を訪問。
水野光二市長に開催をPRした。

問い合わせは、稲津公民館
(TEL0572─68─3201)まで。

【写真提供=瑞浪市】
カテゴリ : 人物&団体記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
広告表示



広告表示