広告表示


2024年02月19日 (10:39)

JAとうとが瑞浪市にハム製造機器を寄贈【ハム工房“瑞浪”用に】

JAとうと(陶都信用農業協同組合・
本店=多治見市・古川敏之代表理事組合長)は、
瑞浪市が建設した農畜産物加工施設
「ボーノポークハム工房“瑞浪”」用として、
調味液注入機「ハンドインジェクター」一式
(ドイツ製・100万円相当)を寄贈。
贈呈式が瑞浪市役所で開かれ、
JAとうとの水野立人代表理事専務(たつひと)が、
水野光二市長に目録を手渡した。
寄贈式には、JAとうと総合企画課の
村井和久課長代理も同席した。
01TN3_7986.jpg02TN3_7995.jpg03TN3_8092.jpg
04TN3_8010.jpg05TN3_8024.jpg06TN3_8031.jpg
JAとうとは、多治見市・土岐市・瑞浪市の
東濃西部3市を事業範囲としており、
平成29(2017)年度から、
地域貢献活動の一環として、
自治体への寄付・寄贈を続けている。
本年度は、多治見市・土岐市・瑞浪市の3市に、
各100万円、寄付金または相当品を贈る。
07TN3_8104.jpg08TN3_8100.jpg09TN3_8098.jpg
10TN3_8088.jpg11TN3_8080.jpg12TN3_8068.jpg
ボーノポークハム工房“瑞浪”(土岐町)は、
瑞浪市農産物等直売所「きなぁた瑞浪」の
敷地内にあり、令和2(2020)年
6月27日にオープン

瑞浪市の特産品で、霜降り割合が高いブランド豚肉、
「瑞浪ボーノポーク」を加工し、ハムやソーセージ、
ベーコンなどを製造・販売している。
13TN3_8079.jpg14TN3_8052.jpg15TN3_8063.jpg
ボーノポークハム工房“瑞浪”では、
ブロック肉を塩漬けにする際、従来は、
調味液の中に肉を漬けるだけだった。
ハンドインジェクターは、ブロック肉に、
穴の開いた針を入れることで、
ピックル液(調味液)を均一に、
浸透させることができる。
これにより、
①浸透ミスによる食材ロスの削減。
②均一に浸透させることで、品質の向上。
③これまでは製造できなかった部位
(肩ロースなど)もハムにできる。
などのメリットがあり、ひいては、
ボーノポークハム工房“瑞浪”の
販売力の強化につながるとのこと。
カテゴリ : 企業&店舗記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
広告表示



広告表示