広告表示


2024年04月01日 (09:42)

土岐市が令和6(2024)年度「入庁式」【市役所に笑顔を咲かそう】

土岐市は「令和6(2024)年度・
土岐市職員入庁式」を、
土岐市役所の大会議室(3階)で開いた。
01TN3_6989.jpg02TN3_6995.jpg
土岐市では過去、新年度を迎えると、
「辞令交付式」を開いてきたが、
平成29(2017)年度からは「入庁式」に変更。
辞令書については、異動対象者への交付は取りやめ、
代わりに、新規採用者全員が、1人ずつ、
市長から受け取ることにした。
03TN3_7148.jpg04TN3_7161.jpg
なお、以前は、土岐市文化プラザ・ルナホール
(土岐津町土岐口)で催してきたが、
令和2(2020)年度と、
令和3(2021)年度は本庁舎の議場で開催。
令和4(2022)年度からは、
本庁舎の大会議室を会場にしている。
05TN3_7177.jpg06TN3_7189.jpg
入庁式には、新規採用者16人が出席
(消防職1人を除く)。
市長・副市長・教育長をはじめ、
幹部職員ら13人が列席した。
辞令書の交付は「一般事務職」・
「土木技術職」・「保育職」・「調理員」の
4つの業種に分けて行った。
07TN3_7197.jpg08TN3_7212.jpg
新規採用職員の「宣誓」ではなく、
代表者2人、
加藤健起さん(たけき・土木課)と、
松崎由唯さん(ゆい・久尻こども園)が、
土岐市職員としての抱負を述べた。
01TN3_7009.jpg02TN3_7019.jpg03TN3_7027.jpg
04TN3_7038.jpg05TN3_7045.jpg06TN3_7051.jpg
07TN3_7059.jpg08TN3_7067.jpg09TN3_7075.jpg
加藤淳司市長は、
土岐市の現状や施策を説明した後、
「市の事業というのは、市職員1人ひとりが、
職務を果たすことで、成り立つもの。
皆さんの日々の仕事の先には、
市民の暮らしがあります。
俳句の春の季語に、
『山笑う』(やまわらう)という、
言葉があります。
木々が新芽を出し、花を咲かせ、
色とりどりとなった山の明るい様子を、
言い表したものです。
土岐市は、令和7(2025)年2月に、
市制施行70周年を迎えます。
皆さんを迎えた土岐市役所に、
笑顔が咲き誇るように、明るく、前を向いて、
職務に励んでください」と訓示した。
10TN3_7083_202404011000502a0.jpg11TN3_7094.jpg12TN3_7107.jpg
13TN3_7114.jpg14TN3_7123.jpg
15TN3_7136.jpg16TN3_7142.jpg
カテゴリ : 土岐市記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
広告表示



広告表示