広告表示


2024年04月11日 (18:11)

土岐市の渡辺惟花さんが防災士に【小学3年生での合格は岐阜県初】

土岐市立妻木小学校4年生の渡辺惟花さん
(土岐市妻木町・9歳・辺は異体字・
わたなべゆいか)が、昨年度、
令和6(2024)年3月25日付で、
防災士に認定された。
土岐市によると、小学3年生で、
防災士に合格したのは、
岐阜県内では初めてとのこと。
母親の渡辺歩惟さん(35歳・あい)も、
同じ試験を受験し、防災士に合格。
本日、4月11日(木曜日)には、
土岐市役所を訪れ、親子で喜びを語った。
01TN3_8360.jpg02TN3_8370.jpg
渡辺さん親子は、昨年、令和5(2023)年
10月14日(土曜日)・11月11日(土曜日)・
12月16日(土曜日)に開かれた、
「土岐市防災リーダー養成講座」を受講。
12月16日(土曜日)の最終日に、
防災士の試験を受けた。
03TN3_8375.jpg04TN3_8386.jpg
4人きょうだいの長女という渡辺惟花さんは、
「NHKの防災番組を視聴し、
防災士に興味を持った。
防災に年齢は関係ない。
小さな子供でも、正しい知識があれば、
周りの人を助けられる。
妻木小学校のみんなにも、
避難所を清潔に使う方法など、防災について、
いろいろ教えて上げたい」と、堂々と話した。
母親の渡辺歩惟さんは、
試験問題に出てくる漢字への対策について、
「言葉の読み方を覚えても意味が無いので、
漢字にルビをふるのではなく、
漢字から意味をイメージするように教えた。
わたしが教えても、すぐに忘れてしまうので、
分からないことは辞書で調べさせるなど、
時間が掛かっても、
本人が手や頭を動かすようにした。
また、やったことがないマークシートの練習や、
150問の過去問を、5回ぐらい解いたことが、
実を結んだと思う」と語った。
05TN3_8401.jpg06TN3_8389.jpg
現在、防災士の最年少合格は、
栃木県の小学2年生(7歳6カ月)。
岐阜県内では、平成30(2018)年に、
下呂市の小学生が、渡辺惟花さんと同じ、
9歳で合格しているが、小学4年生だった。
カテゴリ : 土岐市記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
広告表示



広告表示