広告表示


2024年04月14日 (19:01)

児童8人が子供素踊りを熱演【日吉神社で半原操り人形浄瑠璃】

半原操り人形浄瑠璃保存会(安藤午一会長)と、
半原区(土屋照吾区長)は、
瑞浪市日吉町半原地区の日吉神社で、
岐阜県指定重要無形民俗文化財
「半原操り人形浄瑠璃」(半原文楽)を奉納した。
01TN3_8905.jpg02TN3_8913.jpg03TN3_8929.jpg
04TN3_8959.jpg05TN3_8969.jpg06TN3_8979.jpg
奉納した「式三番叟」(しきさんばそう)は、
江戸時代の中期に始まったという。
「翁」・「若男」・「娘」の3体が、
半原独特の歌に合わせて、舞うのが特徴。
半原操り人形浄瑠璃保存会は、
40歳代から80歳代まで、
半原区民を中心に、26人で構成している。
三味線・太鼓・笛などで、浄瑠璃を奏でる中、
3人1組で、1体の人形を巧みに操った。
07TN3_8982.jpg08TN3_8994.jpg09TN3_9011.jpg
10TN3_9029.jpg11TN3_9020.jpg12TN3_9018_20240415001432d5a.jpg
半原文楽(はんばらぶんらく)は、
4月は日吉神社で奉納を、
10月は半原公民館(文楽館)で公演を、
それぞれ行っている。
人形を使う文楽とは別に、
地元の小学生や中学生が、人形の動きをまね、
自分の体で演じる「素踊り」(すおどり)がある。
浄瑠璃に合わせた動きを、体で覚えることで、
将来、優れた人形遣いになれるという。
13TN3_9038.jpg14TN3_9042.jpg15TN3_9050.jpg
16TN3_9058.jpg17TN3_9066_2024041500152206e.jpg18TN3_9083.jpg
今回の「子供素踊り」には、
瑞浪市立日吉小学校の児童5人と、
瑞浪市立土岐小学校の児童3人の計8人が出演。
1年生から6年生までの全学年がおり、
日吉町半原地区の4人、
日吉町南垣外(みなみがいと)地区の1人、
瑞浪市土岐町の3人が演じた。
半原地区から他地区へ嫁いだ人が、自分の子供に、
古里(ふるさと)の芸能を習わせたとのこと。
人形の動きをまねた式三番叟を、
児童らが熱演すると、多くの観客が拍手を送った。
カテゴリ : 瑞浪市記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
広告表示



広告表示