広告表示


2024年04月19日 (17:00)

土岐市制70周年のロゴマークとキャッチフレーズが決定

土岐市は、昭和30(1955)年2月1日に、
旧土岐郡の土岐津町・下石町・妻木町・駄知町・
泉町の5町と、鶴里村・曽木村・肥田村の3村の
旧8カ町村が合併し、誕生。
来年、令和7(2025)年2月1日(土曜日)に、
市制施行70周年を迎える。
01TN3_9940_20240419173835f29.jpg02TN3_9948.jpg03TN3_9960.jpg
04TN3_9965.jpg05TN3_9974.jpg06TN3_9981.jpg
07TN3_9988.jpg08TN3_9991.jpg09TN3_0003.jpg
土岐市は、土岐市制70周年記念事業として、
「つなぐ」をテーマにした、
ロゴマークとキャッチフレーズを募集
市内外から、ロゴマークには146作品が、
キャッチフレーズには178作品の応募があった。
土岐市役所の「土岐市制70周年記念事業
プロジェクトチーム」などが選考を行い、
最優秀賞については各1作品、
優秀賞については各部門2作品を決定した。
10TN3_0007.jpg11TN3_0011.jpg12TN3_0022.jpg
13TN3_0035.jpg14TN3_0043.jpg15TN3_0053.jpg
16TN3_0067.jpg17TN3_0077.jpg18TN3_0081.jpg
ロゴマークの最優秀賞は、愛知県稲沢市在住の
布施政和さん(66歳・まさかず・無職)の作品。
布施政和さんは、友人が土岐市に住んでおり、
土岐市内の陶器まつりに来たことがあるという。
デザインに関係ない職業を定年退職した後、
職業訓練校において、5カ月間、
DTP(デスクトップパブリッシング)を学習。
DTPソフトを使って、パソコンで制作した。
キャッチフレーズの最優秀賞は、
土岐市立下石小学校2年生の水野敢太さん
(土岐市下石町・7歳・かんた)の作品。
「ときめくときを きみときざもう」を、
母親と一緒に考えた。
最優秀賞の2人には、副賞として、3万円
(小学生には図書カード3万円分)が贈られた。
19TN3_0087.jpg20TN3_0093.jpg21TN3_0099.jpg
22TN3_0112.jpg23TN3_0124.jpg24TN3_0128.jpg
25TN3_0159.jpg26TN3_0171.jpg27TN3_0140.jpg
最優秀賞のロゴマークとキャッチフレーズを、
土岐市職員が組み合わせ、
土岐市制70周年記念事業のロゴマークとした。
本日、4月19日(金曜日)には、
土岐市役所で、表彰式を開催。
最優秀賞・優秀賞の各受賞者に、
加藤淳司市長が表彰状を手渡した。
web02-toki-70th-logo-2024.jpgweb01-toki-70th-logo-2024.jpgweb03-toki-70th-logo-2024.jpg
土岐市制70周年ロゴマークの使用方法については、
土岐市のページ」を参照。
カテゴリ : 土岐市記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
広告表示



広告表示