広告表示


2024年05月08日 (11:25)

桜堂薬師で釈迦の誕生を祝う「花祭り」【甘茶を振る舞う】

釈迦(しゃか)の誕生を祝う「花祭り」が、
桜堂薬師(瑞浪市土岐町)で開かれ、
参拝者らが仏像に甘茶を掛けた。
01TN3_2857.jpg02TN3_2863.jpg03TN3_2868.jpg
花祭りは灌仏会(かんぶつえ)ともいわれ、
桜堂薬師(櫻堂薬師・瑞櫻山法妙寺)では、
毎年、一般的な4月8日ではなく、
1カ月遅れの5月8日に行っている。
地元の3団体「桜堂区」(桑原裕区長)・
「桜堂薬師世話人」(土屋忠勝代表)・
「桜堂薬師保存会」(棚町登会長)が主催。
60リットル分の甘茶を用意した。
04TN3_2958.jpg05TN3_2961.jpg06TN3_2969.jpg
過去には、地元の高齢者でつくる、
「観音講」の女性メンバーが、
高さ80センチの「花見堂」(はなみどう)を、
パンジー・ツツジ・ボタン・オオデマリなどで、
華やかに飾り付けていた。
しかし、観音講が解散したため、
平成29(2017)年からは、
生花を造花に変更した。
07TN3_2977.jpg08TN3_2978.jpg09TN3_2888.jpg
桜堂薬師の横には、土岐児童センターがあり、
センターを利用する親子連れらが訪れた。
高さ18センチの「釈迦仏金銅像」に、
ひしゃくで甘茶を掛けながら、
健康長寿や家内安全などを祈った。
参拝が済むと、空のペットボトルに、
甘茶を入れてもらい、家へ持ち帰った。
10TN3_2908.jpg11TN3_2937.jpg12TN3_2949.jpg
ちなみに、甘茶を飲むと、
健康で長生きができるといい、
また、家の周囲にまくと、
ムカデやマムシが近づかない、
ともいわれている。
13TN3_2953.jpg14TN3_2913.jpg15TN3_2990.jpg
カテゴリ : 人物&団体記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
広告表示



広告表示