2013年12月01日 (17:02)

「瑞浪地区自主防災訓練(山田地区)」を瑞浪中学校で実施

「瑞浪地区自主防災訓練
(平成25年度、対象=山田地区)」が、
瑞浪市立瑞浪中学校で行われた。
DSC_1526.jpgDSC_1532.jpgDSC_1534.jpg
DSC_1538_20131201171604ee0.jpgDSC_1542.jpgDSC_1545.jpg
自主防災力の強化などを目的に、
瑞浪地区区長会(近藤泰文会長)と、
瑞浪地区まちづくり推進協議会
(小寺敏夫会長)が主催。
瑞浪地区では、地区を4つに分けて、
平成22(2010)年度は、河南地区で、
平成23(2011)年度は、河北地区で、
平成24(2012)年度は、小田地区で、
自主防災訓練を行った。
今回の山田地区で、すべての地区が、完了した。
訓練は、南海トラフ巨大地震が発生し、
山田地区で、小規模土砂崩れが起きたと、想定。
同地区の住民らは、
最初に、一時避難所に、集まった。
集結した約660人のうち、
約450人が、瑞浪中学校へ移動。
DSC_1568.jpgDSC_1575.jpgDSC_1578.jpg
DSC_1597.jpgDSC_1603_20131201171724833.jpgDSC_1610_20131201171731d5d.jpg
同校での訓練は、
瑞浪市消防団第1分団第2部の団員約20人、
瑞浪市消防本部の職員5人、
みずなみ防災会のメンバー約15人らが、
指導した。
開会式では、小寺会長が、
「ゲリラ豪雨などの発生により、
今まで災害に縁がなかった地域も、苦労している。
人数の関係上、一部の参加者しか体験できないが、
体感してほしい。明日からの毎日の生活の中で、
防災に対する意識を、持ってほしい」と、あいさつ。
今回の訓練では、同地区からの要請を受けて、
水入りの消火器を使う、「初期消火訓練」は行わず、
代わりに、「消防放水訓練」と、
「倒壊家屋からの救出訓練」を、実施。
参加者らは、4グループに分かれて、
「ホース伸ばし訓練」や、
竹と毛布で担架を作る「応急手当訓練」、
「土石流予防の土のう作り」などにも、挑戦した。
DSC_1615.jpgDSC_1621.jpgDSC_1627_201312011717565f0.jpg
DSC_1635.jpgDSC_1641.jpgDSC_1654.jpg
みずなみ防災会の伊藤道廣代表(60歳)は、
「今回のような大規模訓練も、必要かもしれないが、
イベント性が高すぎる。
今後は、区よりも小さい単位、
組や班などで、訓練を行うのが、望ましい。
訓練の内容も、土砂災害や河川のはんらんなど、
地区の状況に合わせた想定で、行うべき」と語った。
このページへチップを贈る
カテゴリ : 瑞浪市記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム







Amazonのアソシエイトとして、東濃ニュースは適格販売により収入を得ています。