2014年02月19日 (16:18)

大湫町の「国登録有形文化財」2件が積雪で損壊

瑞浪市教育委員会は、
大湫町にある「国登録有形文化財」2件が、
積雪により被災したと、発表した。
2月14日(金曜日)から、
2月15日(土曜日)に掛けての積雪が原因。
建物の概要と被害状況は、下記の通り。

◆森川訓行家住宅主屋
(もりかわのりゆきけじゅうたくしゅおく)
平成18(2006)年8月3日に、
国登録有形文化財として、登録。
建築年代は、江戸末期。
木造2階建てで、屋号は「丸森」。
中山道大湫宿の
旅籠(はたご)や問屋(といや)を兼ねた住宅。
所有者は、愛知県春日井市に在住。
1階の屋根が、積雪により、損壊。
森川訓行家①森川訓行家②
◆森川善章家住宅主屋
(もりかわよしあきけじゅうたくしゅおく)
平成18(2006)年8月3日に、
国登録有形文化財として、登録。
建築年代は、明治26(1893)年。
木造2階建てで、屋号は「新森」。
中山道大湫宿にある住宅。
所有者は、東京都文京区に在住。
2階屋根と1階の屋根が、積雪により、損壊。
森川善章家①森川善章家②
2件とも、人は住んでいない。
今後は、所有者が、市・県を経由して、
文化庁に、毀損(きそん)届を提出する。
現在、森川善章さんとは、連絡がとれていない。
瑞浪市教育委員会では、雪解けを待つとともに、
道路の安全を、確保する方法を、検討している。
瑞浪市内には、7件の国登録有形文化財があるが、
ほか5件は、被害に遭っていない。

【写真提供=瑞浪市教育委員会、撮影日=2月18日】
このページへチップを贈る
カテゴリ : 瑞浪市記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム







Amazonのアソシエイトとして、東濃ニュースは適格販売により収入を得ています。