2014年08月15日 (19:38)

【瑞浪市遺族連合会】「戦没者追悼式」で黙とうを

瑞浪市遺族連合会(市川銑一会長、せんいち)は、
終戦記念日に合わせ、
樽上町の瑞浪市市民福祉センター「ハートピア」で、
「戦没者追悼式」を開いた。
水野光二市長や、山田実三市議会議長、
同連合会の役員ら、17人が参列した。
DSC_4022_20140815194050375.jpgDSC_4029.jpgDSC_4036_20140815194056c8a.jpg
最初に、参列者らは、
市内13カ所の英霊塔を、巡拝。
ハートピアでは、敷地に隣接する、
「慰霊碑」に向かって、遙拝(ようはい)した。
慰霊碑は、護国神社の跡地に、建立されており、
平成23(2011)年6月24日に、除幕。
日露戦争から太平洋戦争にかけて、
瑞浪市から出征し、犠牲になった、
1134人が祭られている。
DSC_4040.jpgDSC_4046.jpgDSC_4051.jpg
式では、水野市長が、
「さきの不幸な大戦において、
尊い一命をささげられた人たちを思う時、
万感、胸に迫るものがある。
あれから69年の時が流れ、
我が国は、着実に発展してきた。
しかし、この平和と繁栄は、
戦争で命を落とされた方々の
犠牲の上に築かれていることを、
忘れてはいけない」と、
追悼の言葉を述べ、献花した。
DSC_4064_20140815194144065.jpgDSC_4071.jpgDSC_4074_201408151941410dd.jpg
参列者らは、正午の時報を合図に、
慰霊碑に向かって、黙とうをささげた。
DSC_4079_20140815194141ba8.jpgDSC_4081_20140815194207243.jpg
昭和19(1944)年に、
父親をソロモン諸島で亡くし、
自身は4歳の時に終戦を迎えた、
市川会長(釜戸町、73歳)は、
「かつて、1000人以上いた、
連合会のメンバーも、
今では550人ほどに、なってしまった。
終戦記念日の追悼式は、連合会が主催するが、
11月にも開いてる、同じく追悼式については、
市の協力が得られないか、市長にお願いした。
連合会のメンバーは、平均年齢が、
80歳になり、高齢化が進んでいる。
なんとか、自分たちの子どもや孫の世代に、
思いをつなげていきたい」と語った。
このページへチップを贈る
カテゴリ : 瑞浪市記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム







Amazonのアソシエイトとして、東濃ニュースは適格販売により収入を得ています。