2014年08月17日 (23:54)

【美濃歌舞伎保存会】30日(土)の「納涼公演」に向けて特訓中

美濃歌舞伎保存会(小栗榮輝会長)は、
8月30日(土曜日)に、
瑞浪市日吉町の美濃歌舞伎博物館「相生座」で、
「第43回美濃歌舞伎納涼公演」を開く。
本日は、相生座で、練習が行われた。
01DSC_4119.jpg02DSC_4127.jpg03DSC_4132.jpg
04DSC_4135.jpg05DSC_4140.jpg06DSC_4151.jpg
美濃歌舞伎は、平成17(2005)年に、
瑞浪市無形民俗文化財に、指定された。
また、平成22(2010)年には、
相生座とともに、
「岐阜の宝もの」に認定された。
後継者を育成するため、美濃歌舞伎保存会は、
平成13(2001)年から毎年、
「美濃歌舞伎子供伝承教室」を開講している。
07DSC_4153.jpg08DSC_4162.jpg09DSC_4164.jpg
今年の演目は、
◆「源平魁躑躅~扇屋熊谷~」
(出演=美濃歌舞伎保存会)、
◆「青砥稿花紅彩画~稲瀬川勢揃の場~」
(出演=瑞浪市内名士)、
◆「菅原伝授手習鑑~車曳~」
(友情出演=岐阜市内若旦那の会)、
◆「神霊矢口渡~頓兵衛住家の段~」
(出演=美濃歌舞伎保存会)、
となっている。
10DSC_4168.jpg11DSC_4176_20140818001628fc4.jpg12DSC_4184.jpg
13DSC_4185.jpg14DSC_4196.jpg15DSC_4197.jpg
今年も、「美濃歌舞伎子供伝承教室」で学ぶ、
瑞浪市内在住の小・中・高校生が、
「美濃歌舞伎保存会」の大人たちに交じって、
出演する。
日吉小学校・日吉中学校・瑞陵中学校・
中京高校・名古屋女子大学高等学校に通う、
児童生徒8人で、学年は、
小学2年生から高校3年生までいる。
今年は初めて、幕開きの前に、
子供たちが、“口上”を述べる。
16DSC_4201.jpg17DSC_4209.jpg18DSC_4220.jpg
指導者は、相生座の小栗幸江館長
(日吉町、66歳)をはじめ、
小原歌舞伎(豊田市無形民俗文化財)を受け継ぐ、
「小原歌舞伎保存会」の会員や、
日本舞踊家で、
松川流二世家元の松川竜之介さん
(愛知県豊田市、32歳、たつのすけ)らが、
務める。
19DSC_4237.jpg20DSC_4243.jpg21DSC_4246.jpg
22DSC_4253.jpg23DSC_4251.jpg24DSC_4254.jpg
当日は、午後4時30分開演。
入場無料。
招待席以外は、すべて自由席。
問い合わせは、美濃歌舞伎博物館「相生座」
(TEL0572―69―2126)または、
ミュージアム中仙道
(TEL0572―68―0505)まで。
このページへチップを贈る
カテゴリ : 瑞浪市記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム