アマゾン-工具


2014年10月21日 (12:42)

瑞浪市議会が初の「事業評価書」を水野市長に提出

瑞浪市議会は、9月19日に、
市の事業評価を、初めて行った。
取りまとめた評価書を、本日、
水野光二市長に提出した。

事業評価の様子については、
過去記事」を参照。

市長への提出は、市役所市長室で行われ、
山田実三議長、舘林辰郎副議長、
石川文俊議会運営委員会委員長らが出席。
山田議長が、水野市長に評価書を手渡した。
01DSC_7170.jpg02DSC_7185.jpg03DSC_7171.jpg
水野市長は、
「イメージだけで、発言する市議もいる。
議会の方でも、各事業について、
しっかり勉強していただき、
ある程度、同じレベル以上で、
評価してもらえれば、市としても、ありがたい。
その辺で聞いてきた話を、真に受ける市議がいる。
そうではなく、その話が本当に真実なのか、
議員活動の中で、調査していただきたい。
調査した上で、間違いないと思われた時に、
A・B・C・Dと、評価していただけたら、
こちらも、ズシッとくる」と語った。
04DSC_7182.jpg05DSC_7175.jpg06DSC_7178.jpg
山田議長は、
「何も知らない人が、新聞を読んだだけで、
市の批判をするというのは、避けなければいけない。
しかし、こういった事業評価を、続けていけば、
議員の方にも、力がついてくる。
市の執行部に対して、
ものをいう時に、大事な目線も養えるだろう。
600も、700もある事業のうち、
ほんの一部を、評価したにすぎないが、
市の事業に対する、考え方や取り組み方を、
議員の皆さんに、示すことができた」と述べた。
07DSC_7193.jpg08DSC_7198_20141021130744b64.jpg09DSC_7207.jpg
平成25(2013)年度の市事業から、
9事業を、市議会が選定。
市議会の3常任委員会が、
それぞれ所管する3事業を、評価した。
各事業と評価は、次の通り。
Aを最高に、「A・B・C・D」の順に採点。

◆総務文教委員会
【A】広報広聴活動経費
【B】夢づくり地域交付金事業
【A】図書館管理経費

◆民生福祉委員会
【A】子ども発達センター運営経費
【B】一般高齢者介護予防施策事業(1次予防事業)
【A】がん検診推進事業

◆経済建設委員会
【A】不燃物最終処分場管理経費
【A】有害鳥獣被害防止対策事業
【B】みずなみ焼等販路開拓支援事業
このページへチップを贈る
カテゴリ : 瑞浪市記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム