アマゾン-工具


2015年11月03日 (18:56)

東濃地震研の木股文昭さんが御嶽山の噴火を解説【核融研】

核融合科学研究所
(土岐市下石町、竹入康彦所長)は、
土岐市土岐津町高山のセラトピア土岐で、
「市民学術講演会」を開いた。
01DSC_7719.jpg02DSC_7725.jpg03DSC_7732.jpg
市民学術講演会』は、
「第25回・国際土岐コンファレンス」
(11月3日~11月6日開催)の一環。
主に、東濃西部3市の市民に向けて、
参加を呼び掛けた。
今回の講師は、
東濃地震科学研究所』(瑞浪市明世町)の
副首席主任研究員、木股文昭さん
(土岐市肥田町在住、67歳、ふみあき)。
演題は、
「火山噴火のメカニズムと
その予知研究の現状
~御嶽山におけるケーススタディー~」で、
加藤靖也土岐市長や、3市の市民ら、
約200人が聴講した
(サテライト会場の参加者を含む)。
04DSC_7736.jpg05DSC_7742.jpg06DSC_7743.jpg
木股文昭さんの専門は、地殻変動・火山学。
登壇した木股さんは、
「最初、御嶽山には、興味がなかった。
なぜなら、活火山と言われながら、
ほとんど死火山・休火山に近かったから。
そんな所を研究しても、
商売にならないと、思っていた」と語り、
「しかし、昭和54(1979)年に、
有史初の噴火が起きたことで、
取り組まざるを得なくなった」と、
振り返った。
07DSC_7747.jpg08DSC_7750.jpg09DSC_7739.jpg
平成26(2014)年9月27日に起きた、
噴火(水蒸気爆発)については、
「わたしは、30年以上、
御嶽山にかかわり、研究を続けてきた。
しかし、自分がフィールドとしている地域で、
また、自分が課題としている火山の分野で、
63人もの人たちが、
火山の噴火で、亡くなられたということは、
研究者として、非常に残念であり、
むなしいものがある」と、胸中を吐露し、
「既に、わたしは、
研究者としての一線を、退いている。
本当は、このような場で、
講演すべきではないのかもしれない。
しかし、今後、
64人目の犠牲者を、出さないためにも、
少しでも頑張りたい」と述べた。
10DSC_7754.jpg11DSC_7758_2015110319551733e.jpg12DSC_7766.jpg
「昨年の噴火は、規模としては、
それほど大きなものではない。
しかし、非常に多くの人たちが、
登山をされていたので、
山頂近くで、亡くなられてしまった。
これまで、御嶽山は、
2流・3流のみみっちい火山だと、
考えられてきた。
しかし、最近の10年ぐらいを見ると、
御嶽山がある周辺地域は、
火山活動・地震活動が、かなり活発。
昭和54(1979)年・
平成3(1991)年・
平成19(2007)年・
平成26(2014)年の4回の噴火は、
すべて、マグマが直接関与していない、
水蒸気爆発というもの。
規模は小さいが、4回とも、
地震・微動・地殻変動が起きている。
少なくとも、4回とも、
噴火する、6時間から3カ月前に、
地震活動が、山頂付近で活発になっている。
必ずとは言えないが、御嶽山の山頂直下で、
地震活動が活発になった場合は、
明らかにイエローカード、
つまり要注意だと、分かる」と教えた。
13DSC_7777.jpg14DSC_7768.jpg15DSC_7779_20151103195525268.jpg
このページへチップを贈る
カテゴリ : 土岐市記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム