アマゾン-工具


2017年10月06日 (12:31)

小野隆さんが切り絵展【妻木町のスペース岳で】

切り絵作家の小野隆さん
(土岐市肥田町肥田・70歳・たかし)による、
個展「切り絵展」が、
土岐市妻木町のギャラリースペース岳で、
本日、10月6日(金曜日)から、始まった。
会期は、10月15日(日曜日)まで。
01DSC_1880.jpg02DSC_1887.jpg03DSC_1906.jpg
青森県出身の小野隆さんは、
18歳の時に、土岐市に移住。
絵画が好きで、
土岐市駄知町の製陶会社で勤務する傍ら、
デッサンや水墨画を描くことを、趣味としてきた。
58歳の時に、切り絵作家で、
日本切り絵百景館」(群馬県)の館長を務める、
後藤伸行さん(87歳)の作品に感銘。
定年退職後の生きがいづくりとして、
平成19(2007)年10月から、
独学で、切り絵の制作を始めた。
中津川市落合井巾(いはば)に工房を構え、
切り絵のほか、作陶にも励んでいる。
平成27(2015)年からは、毎年、
駄知公民館(駄知町)で、切り絵講座を開き、
切り絵の魅力を広めている。
04DSC_1863.jpg05DSC_1892.jpg06DSC_1898.jpg
会場には、ハガキサイズから、
A2サイズまでの作品、約40点を展示
(希望者には、販売も可)。
旅先でスケッチした風景や、
古里の祭り「青森ねぶた」、
愛犬などをテーマに、丁寧な作品が並ぶ。
昨年の暮れから、制作を始めたという、
「崩し字語録」は、崩し字による人生訓と、
地蔵・修行僧などを組み合わせた、
シリーズ作品で、人気を集めている。
07DSC_1851.jpg08DSC_1856.jpg09DSC_1860.jpg
小野隆さんは、
「同じ原画でも、手作業で切り抜くため、
1つとして、同じ作品はできない。
最近は、機械で、
同じように切り抜くこともできるが、
手で切った味わいを、出すことはできない。
18歳で、駄知町に来た時は、
100本以上、煙突が立っていた。
今では少なくなってしまった煙突を、
切り絵にして、残していきたい」と語った。
10DSC_1936.jpg11DSC_1940.jpg12DSC_1871.jpg
土岐市妻木町391─4/入場無料/
営業時間は午前10時から午後5時まで/
10月12日(木曜日)は定休日/
TEL0572─57─3360/
このページへチップを贈る
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム