2018年09月08日 (22:48)

寿会&多西高が下石町で「お月見コンサート」【織部太鼓が協賛】

昼間に催す「お月見コンサート」が、
楽習舎・下石公民館・ジョイホール
(土岐市下石町)で開かれ、
地域住民ら、約200人が楽しんだ。
01DSC_8830.jpg02DSC_8847.jpg03DSC_8843.jpg
04DSC_8852.jpg05DSC_8853_201809090222485bf.jpg06DSC_8861.jpg
07DSC_8883.jpg08DSC_8899.jpg09DSC_8912.jpg
毎年、敬老会の役目も兼ねて、
開催しており、今年で9回目。
お月見コンサート』と題しているが、
夜の演奏会では、来られない人が多いため、
午後2時から、開演した。
コンサートの開演前には、
下石公民館のロビーに、茶席を設けた。
「下石町女性の会」の会員が、
お菓子と抹茶で、来場者をもてなした。
ボランティアとして、
土岐市立西陵中学校の2・3年生、
5人の生徒が協力し、抹茶を運んだ。
10DSC_8927.jpg11DSC_8916.jpg12DSC_8921.jpg
13DSC_8938_20180909022346945.jpg14DSC_8956.jpg15DSC_8931.jpg
16DSC_8989.jpg17DSC_8985_20180909022351e37.jpg18DSC_8965.jpg
お月見コンサートでは、
下石町の文化教室「ことぶき」
(伊藤イチ会主・寿会)をはじめ、
多治見西高等学校の箏曲部や、
火童子(ひわらし)太鼓隊、
火童子お囃子(おはやし)隊などが出演。
会場設営や照明は、地元住民らでつくる、
「おろしBoys」が務めた。
19DSC_8994.jpg20DSC_9003.jpg21DSC_9020.jpg
22DSC_9038_20180909022427597.jpg23DSC_9034.jpg24DSC_9058.jpg
25DSC_9095_20180909022433ef1.jpg26DSC_9097.jpg27DSC_9107.jpg
文化教室「ことぶき」(寿会)は、
土岐市・多治見市に住む、
40歳代から70歳代までのメンバー11人。
多治見西高校の箏曲部は、今年の8月に、
岐阜県の代表として、全国大会に出場。
今回は、3年生が抜けた新チーム、
1・2年生9人で、「夢の中」を演奏した。
また、60歳代から80歳代まで、
土岐市在住の女性ばかり、6人でつくる、
「織部太鼓」(鈴木悦代代表)が協賛。
織部太鼓は、今年で結成10年目を迎え、
「お月見コンサート」に出演するのは、初めて。
28DSC_9119.jpg29DSC_9128.jpg30DSC_9134.jpg
31DSC_9137.jpg32DSC_9144.jpg33DSC_9170.jpg
34DSC_9158.jpg35DSC_9150.jpg36DSC_9172.jpg
文化教室「ことぶき」のメンバーらは、
琴や尺八、三味線などで、
「みずうみの詩」・「豊年太鼓」・
「日本の詩」・「紅の魔方陣」を披露。
舞台転換の際には、織部太鼓のメンバーが、
「太鼓ショー」を行い、盛り上げた。
37DSC_9179.jpg38DSC_9197.jpg39DSC_9199.jpg
40DSC_9208.jpg41DSC_9210.jpg42DSC_9216.jpg
43DSC_9226.jpg44DSC_9230.jpg45DSC_9231.jpg
フィナーレは、伊藤イチ会主が作詞した、
「火童子音頭」(ひわらしおんど)を演奏。
地元の園児・小学生・中学生らでつくる、
火童子太鼓隊と火童子お囃子隊が登場した。
演奏に合わせて、民踊グループ
「久寿玉会」(くすだまかい)のメンバー5人と、
「下石町女性の会」の会員11人が、
踊りの輪をつくると、会場が、
にぎやかかつ華やかな雰囲気に包まれた。
今年は「土岐音頭」も披露した。
※下の音声データ(MP3)は、
紅の魔方陣」を収録。
このページへチップを贈る
カテゴリ : 土岐市記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム







Amazonのアソシエイトとして、東濃ニュースは適格販売により収入を得ています。