2018年09月21日 (23:08)

ファエンツァ市派遣団が加藤市長に帰国報告【姉妹都市交流事業】

土岐市とファエンツァ市(イタリア)は、
来年、平成31(2019)年に、
姉妹都市提携40周年を迎える。
土岐市は、
ファエンツァ市からの要請を受けて、
土岐市の陶芸家6人と土岐市職員2人を、
ファエンツァ市へ派遣した。
帰国した派遣団が、土岐市役所を訪れ、
加藤靖也市長に、現地での様子を語った。
01DSC_3298.jpg02DSC_3301_201809220041409a6.jpg03DSC_3316.jpg
04DSC_3310.jpg05DSC_3313.jpg06DSC_3321.jpg
ファエンツァ市は、マジョリカなど、
世界的な陶産地として有名。
土岐市とファエンツァ市は、
同じ「陶磁器の街」という縁で、
昭和54(1979)年に、
姉妹都市提携を締結している。
※昭和54(1979)年は、
10月23日にファエンツァ市で、
11月22日に土岐市で、
それぞれ盟約式を開いた。
両市とも、人口は約5万8000人。
07DSC_3360.jpg08DSC_3346.jpg09DSC_3359.jpg
10DSC_3365.jpg11DSC_3377.jpg12DSC_3382.jpg
今回、派遣されたのは、
陶芸家の和田和文さん
(69歳・下石町・わだかずふみ・桂山窯)、
01DSC_3325_20180922001545a7e.jpg
陶芸家の加藤三英さん
(50歳・下石町・かとうみつひで・大雲窯)、
02DSC_3340_20180922001548f96.jpg
陶芸家の林英樹さん
(44歳・駄知町・はやしひでき・鶴琳窯)、
03DSC_3353.jpg
陶芸家の木村元さん
(37歳・泉町・きむらはじめ・重山窯)、
04DSC_3372.jpg
陶芸家の尾木卓弥さん
(37歳・下石町・おぎたくや)、
05DSC_3381_20180922001551ba0.jpg
陶芸家の川久保大輔さん
(33歳・妻木町・かわくぼだいすけ)、
06DSC_3375.jpg
加藤淳司副市長(62歳・かとうじゅんじ)、
07DSC_3399_20180922001556088.jpg
土岐市職員(土岐市立陶磁器試験場)の
安江大さん(48歳・やすえおおき)の8人。
08DSC_3395_20180922001554db0.jpg
派遣団の一行は、
8月28日(火曜日)に出発し、
9月5日(水曜日)に帰国。
8月31日から9月2日まで、
ファエンツァ市で開かれた、
イタリア最大の陶磁器イベント、
「ARGILLA ITALIA 2018」
(アルジッラ=粘土)で、
土岐市をアピールするブースを出展した。
アルジッラ・イタリア・2018」は、
2年に1度開かれるイベントで、今年で6回目。
土岐市が、アルジッラでPRするために、
派遣団を送ったのは、今回が初めて。
13DSC_3392.jpg14DSC_3406.jpg15DSC_3403.jpg
16DSC_3386.jpg17DSC_3409.jpg18DSC_3388.jpg
派遣団の一行は、
美術館や国際陶芸博物館(MIC)を見学したり、
ファエンツァ市のジョバンニ・マルペッツィ市長
(Giovanni Malpezzi)を表敬訪問したりした。
また、加藤三英さんと木村元さんは、
アルジッラの「ろくろ大会」に出場。
粘土や技術の違いを知ったという。
01-303.jpg02-041(6).jpg03-302.jpg
04-216.jpg05-222.jpg06-382.jpg
派遣された陶芸家らは、
「陶工の技術レベルが、高いだけではなく、
焼きものに対する、熱量の高さも感じた」とか、
「粘土・技術の違いだけではなく、
日本人とイタリア人の感性の違いも分かった」、
「展示した美濃焼への反応は、良かった。
茶道など、文化と一緒に紹介すれば、
市場を開拓できるのではないか」、
「言葉が通じなくても、身ぶり手ぶりで伝わるが、
陶磁器の専門用語については、
イタリア語が分からないと、厳しい」などと、
振り返った。
07-295.jpg08-352.jpg09-353.jpg
10-394.jpg11-417.jpg12-435.jpg
【イタリアでの写真=土岐市提供】
このページへチップを贈る
カテゴリ : 土岐市記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム







Amazonのアソシエイトとして、東濃ニュースは適格販売により収入を得ています。