2020年03月13日 (12:33)

夏を楽しむヒンヤリうつわを提案【セラテクノ土岐で第57回展】

土岐市立陶磁器試験場・セラテクノ土岐
(土岐市肥田町肥田・酒井博司場長)は、
本日、3月13日(金曜日)から、
同所2階の展示ロビーで、
「第57回セラテクノ土岐展」を開催。
会期は3月31日(火曜日)までで、
時間は午前9時から午後5時まで。
入場無料で、会期中無休。
01TN1_7524.jpg02TN1_7536.jpg
セラテクノ土岐は、
昭和33(1958)年に開所。
同年に、第1回展示会を開き、
以後ほぼ毎年、研究成果を発表している。
今年の主な見どころは、
①「ヒンヤリを楽しむ夏のうつわ」と、
②「乳濁釉(にゅうだくゆう)での
応用製品の開発」。
03TN1_7681.jpg04TN1_7666.jpg
①「ヒンヤリを楽しむ夏のうつわ」では、
◎美濃焼ストロー(MINOYAKI STRAW)
◎アイスプレート(ICE PLATE)
◎スノーコーン(SNOW CORN)
を展示。
05TN1_7624.jpg06TN1_7575.jpg
美濃焼ストローは、
プラスチックストローの代用品として開発。
試験場による試作品と、
民間企業が商品化した製品を並べている。
07TN1_7540.jpg08TN1_7654.jpg09TN1_7660.jpg
アイスプレートは、
刀の鍔(つば)の形をした磁器製プレートに、
アイスキャンディーの棒を差し込むもの。
低温焼成の磁器製品のため、吸水性があり、
溶けたアイスを受け止めることができる。
10TN1_7546.jpg11TN1_7638.jpg
12TN1_7647.jpg13TN1_7652.jpg
スノーコーンは、
高級かき氷が人気を集める中、
器にもこだわってもらおうと、企画。
陶製のカップ&ソーサー(受け皿)と、
氷を溶けにくくするため、
器の中を空洞にした磁器製品を開発した。
カップには、手の熱を伝えないように、
また、溶け残った氷が飲めるように、
取っ手が付いている。
14TN1_7555.jpg15TN1_7627.jpg16TN1_7690.jpg
②「乳濁釉での応用製品の開発」では、
良質な粘土の入手が困難になり、これまでより、
着色成分を多く含む粘土の利用が検討される中、
磁器素地の色を、釉薬(ゆうやく)で、
覆い隠すための手法を研究。
柔らかな質感が特徴の乳濁釉を用いて、
基礎釉の調合を変化させる方法と、
透明釉に乳濁剤を添加する方法の
2通りの調製方法で、アプローチしている。
17TN1_7578.jpg18TN1_7586.jpg
19TN1_7593.jpg20TN1_7598.jpg
そのほか、会場では、
セラテクノ土岐が開催した「釉薬講演会」・
「排泥鋳込み成形講習会」の成果発表や、
「美濃焼おかみ塾」の活動紹介、
試験場と土岐市内のメーカーがコラボした、
NHK大河ドラマ「麒麟がくる」の
関連グッズの展示なども行っている。
21TN1_7600.jpg22TN1_7613.jpg
23TN1_7608.jpg24TN1_7673.jpg
問い合わせは、セラテクノ土岐
(TEL0572─59─8312)まで。
このページへチップを贈る
カテゴリ : 土岐市記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム




スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。








Amazonのアソシエイトとして、東濃ニュースは適格販売により収入を得ています。