2020年07月03日 (17:42)

土岐市読書推進計画の策定に向けて【土岐市教育委員会が第1回委員会】

土岐市教育委員会は、
「第1回土岐市読書推進計画策定委員会」を、
土岐市役所で開いた。
01TN1_8862.jpg02TN1_8881_20200703201911b67.jpg03TN1_8895.jpg
子供の読書離れが進む中、土岐市教育委員会では、
国の「子どもの読書活動の推進に関する法律」や、
県の「岐阜県子どもの読書活動推進計画」を受けて、
平成23(2011)年3月に、計画期間を5年とする、
「土岐市子ども読書活動推進計画」
(H23~H27)を策定。
現在は、第2次推進計画(H28~H32/R2)の
最終年度のため、次期計画の策定に向けて、動き出した。
これまでは、子供を対象に、計画を立案・実行してきたが、
次期計画からは、大人も含めることに変更。
土岐市民全員に、生涯読書や読書習慣を勧め、
読書率の向上を図ることにした。
土岐市読書推進計画は、
土岐市子ども読書活動推進計画(第3次)も兼ねるため、
本年度、令和2(2020)年度中の策定を目指す。
04TN1_8885_20200703201921a29.jpg05TN1_8926.jpg06TN1_8911.jpg
土岐市読書推進計画策定委員会は、
学識経験者や土岐市図書館の館長・司書のほか、
小中校長会・図書館ボランティア団体・
読み聞かせ活動団体などの代表ら、13人の委員で構成。
委員長には、東海学院大学のアンドリュー・デュアー教授が、
副委員長には、フルライトスペース株式会社の
豊田高広特別研究員が、それぞれ就いた。
07TN1_8922_202007032019178db.jpg08TN1_8932.jpg09TN1_8940.jpg
各委員からは、
「まずは、親が読書をする姿を、
子供たちに見せるべきではないか」とか、
「読書率の向上を図ることが目的なら、
現状をデータで把握した上で、
数値目標を定めないと、意味が無いのでは」、
「電子書籍が普及している中で、
紙の本を読むことだけが、読書と言えるのか。
新聞も読まなくなり、テレビすら見なくなったが、
世の中の情報を得るということだけなら、
スマホを使って、ネットを見ることで十分では」、
「全国の多くの自治体でも、同じように、
読書推進計画を策定しているが、土岐市の計画は、
『絵に描いた餅』にしてはいけない」といった、
意見や提案が出た。
web01-toki2020-07-03-EPSON027.jpgweb02-toki2020-07-03-EPSON028.jpgカット済み-web19-EPSON073
次回、第2回委員会では、
土岐市教育委員会が骨格案を提出し、
それを基に、検討・意見交換を行う。
このページへチップを贈る
カテゴリ : 土岐市記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム




スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。








Amazonのアソシエイトとして、東濃ニュースは適格販売により収入を得ています。