2020年08月04日 (13:35)

舘林建設が1000万円を土岐市に寄付【創業65周年を記念】

総合建設業「舘林建設株式会社」
(本社=土岐市土岐津町土岐口・
舘林慶二代表取締役社長)は、創業65周年を記念し、
土岐市に、1000万円を寄付した。
寄贈式が、土岐市役所で開かれ、
舘林慶二社長(68歳・けいじ)が、
加藤淳司市長に目録を手渡した。
寄贈式には、舘林建設の舘林道孝取締役営業部長
(42歳・みちたか)と、山田恭正教育長も同席した。
01TN1_2659_20200804141918c8d.jpg02TN1_2663.jpg03TN1_2689_2020080414193504d.jpg
舘林建設株式会社の前身は「舘林製材所」。
昭和30(1955)年6月に、
舘林慶二社長の実父、故・舘林廣治氏(ひろじ)が、
現在の本社がある場所(土岐津町)で、創業した。
昭和34(1959)年1月の法人化に伴い、
社名を「舘林建設株式会社」に改めた。
今回の寄付は、近年請け負った土岐市の公共事業のうち、
新庁舎建設事業」と「駅前広場整備事業」が完了したため、
創業65周年に合わせて、土岐市への感謝の気持ちを、
かたちにしたもの。
04TN1_2693_20200804141938973.jpg05TN1_2704.jpg06TN1_2699_20200804141942f0b.jpg
舘林慶二社長は「創業65周年を迎えられたのは、
土岐市さん、地元の事業所さん、地元住民の皆さんに、
ご愛顧いただき、育てていただいたたまもの。
あらためて感謝を申し上げたい。
現在、土岐市社会福祉協議会
会長を務めさせてもらっているので、
土岐市民の健康のために、役立てていただきたい」と述べ、
「この先2年ほどをめどに、彼(道孝取締役)に、
社長業を引き継ぐことを考えているが、
新型コロナウイルス感染症の影響などもあり、
世の中がどう変わっていくのか、分からない面もある。
ICTやITなど、先端技術を取り入れながらも、
お客様との『フェースツーフェース』の関係は、
今後も大切にしていきたい」と語った。
※道孝氏の祖父と廣治氏は兄弟の関係。
07TN1_2716_2020080414194209a.jpg08TN1_2722_202008041419421ba.jpg09TN1_2728_202008041419420dc.jpg
加藤淳司市長は「土岐市では、重要施策の1つとして、
全世代健康寿命延伸事業に取り組んでいる。
フレイル予防にも役立つ、健康器具の購入費などに、
充てさせていただきます」と、お礼を述べた。
このページへチップを贈る
カテゴリ : 企業&店舗記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム




スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。








Amazonのアソシエイトとして、東濃ニュースは適格販売により収入を得ています。