2020年08月31日 (13:15)

竜吟幼児園の園児がウナギを土岐川に放流【土岐川漁業協同組合】

瑞浪市立竜吟幼児園(釜戸町)の5歳児14人が、
釜戸町の「新町屋橋」の下を流れる土岐川に、
ウナギ(鰻・うなぎ)の稚魚、5キロを放した。
01TN1_3925.jpg02TN1_3946.jpg03TN1_3954.jpg
04TN1_3959.jpg05TN1_3969.jpg06TN1_3973.jpg
07TN1_3977.jpg08TN1_3985.jpg09TN1_3997.jpg
ウナギの放流事業は、
土岐川漁業協同組合(水野利之組合長)が主催。
土岐川漁業協同組合では今年、
アユの稚魚を314キロ、アマゴの稚魚を20キロ、
それぞれ土岐川水系に放流した。
ウナギの稚魚は、宮崎県産を15キロ、取り寄せた
(1キロ当たり約6500円相当)。
土岐川漁業協同組合は、東部支部(瑞浪市)・
中部支部(土岐市)・西部支部(多治見市)・
山岡支部(恵那市)の4支部あり、
今年は西部支部を除き、各支部5キロずつ放した。
10TN1_3989.jpg11TN1_4000.jpg12TN1_4006.jpg
13TN1_4008.jpg14TN1_4014.jpg15TN1_4022.jpg
園児らは、園舎から約1キロ離れた、
土岐川河川敷まで歩いてくると、
土岐川漁業協同組合の水野利之組合長から、
ウナギの生態について、説明を受けた。
15~20センチほどのウナギの稚魚を、
バケツに入れてもらうと、川岸へ移動。
合図と同時に、一斉に放した。
16TN1_4024.jpg17TN1_4029.jpg18TN1_4041_202008311256512fe.jpg
19TN1_4046.jpg20TN1_4052.jpg21TN1_4056.jpg
土岐川漁業協同組合の水野利之組合長(73歳)は、
「土岐川漁業協同組合の組合員は、
昭和50~60年代の最盛期には、約3500人もいた。
しかし現在は、約300人ほどに減ってしまった。
組合員の減少とともに、河川の環境が悪化し、
地域住民の川への関心度も、低下してきている。
竜吟幼児園の園児によるウナギの放流は、今年で4回目。
子供たちに、生き物や川に関心を持ってもらう、
良いきっかけになった」と語った。
22TN1_4062.jpg23TN1_4067.jpg24TN1_4070.jpg
25TN1_4076.jpg26TN1_4088.jpg27TN1_4093.jpg
このページへチップを贈る
カテゴリ : 瑞浪市記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム




スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。








Amazonのアソシエイトとして、東濃ニュースは適格販売により収入を得ています。