2020年09月03日 (14:25)

東濃特別支援学校の高等部が模擬投票【教師が候補者役を熱演】

岐阜県立東濃特別支援学校
(土岐市泉町河合・加藤久視校長)で、
主権者教育の出前講座が開かれた。
実際の投票箱を使った「模擬選挙」では、
候補者役を、教師2人が熱演するなど、
選挙制度の仕組みを分かりやすく教えた。
01TN1_4841.jpg02TN1_4850.jpg03TN1_4869.jpg
04TN1_4905.jpg05TN1_4923.jpg06TN1_4935.jpg
平成28(2016)年6月19日に、
改正公職選挙法が施行され、
選挙権年齢は、「20歳以上」から、
「18歳以上」へと引き下げられた。
東濃特別支援学校では、
選挙制度や選挙権について学び、
将来の積極的な投票行動につなげようと、
平成28(2016)年度から毎年、
岐阜県選挙管理委員会東濃地方事務局と、
土岐市選挙管理委員会に、講師を依頼。
高等部の全学年を対象とした、
出前講座を開いてもらっている。
07TN1_4938.jpg08TN1_4962.jpg09TN1_4945.jpg
10TN1_4952.jpg11TN1_4963.jpg12TN1_4968.jpg
本日は、午前中に高等部の2年生31人が、
午後からは3年生34人が、それぞれ学習。
1年生34人は、9月28日(月曜日)の
午前中に受講する予定。
講師として、
岐阜県選挙管理委員会東濃地方事務局の県職員2人、
土岐市選挙管理委員会の加藤陶司委員長
土岐市職員4人が来校した。
13TN1_4977.jpg14TN1_4980.jpg15TN1_4985.jpg
16TN1_4996.jpg17TN1_5006.jpg18TN1_5002.jpg
最初に、県の職員が、
「日本の選挙制度と選挙権」をテーマに座学を行い、
選挙の種類や意義、選挙運動の禁止事項などを説明。
「選挙は、あなた自身の生活や、
あなた自身の人生にかかわること。
他人の意見は参考程度にとどめ、最終的には、
自分で考えて、決めることが大事」と教えた。
19TN1_5010.jpg20TN1_5023.jpg21TN1_5030.jpg
22TN1_5031.jpg23TN1_5035.jpg24TN1_5039.jpg
続いて、市の職員が、
投票所での投票の流れなどを解説。
投票所における「代理投票」の仕組みや、
「介助者・補助者」の在り方を話した。
「投票所には、鉛筆が備えてあるが、
新型コロナウイルス感染症対策のため、
自前の鉛筆を持参してほしい。
ボールペンは、投票用紙がインクをはじくので、
好ましくない」と訴えた。
25TN1_5046.jpg26TN1_5049.jpg27TN1_5053.jpg
28TN1_5058.jpg29TN1_5059.jpg30TN1_5071.jpg
模擬投票では、生徒が、
東濃特別支援学校の校長を選ぶと仮定し、
2人の教師が立候補。
それぞれ、「学校に室内プールを造る」と、
「学校に1本50円の自販機を置く」という、
公約を掲げ、生徒にアピールした。
開票の結果、室内プールの設置を唱えた教師が、
29票中19票を集めた。
このページへチップを贈る
カテゴリ : 土岐市記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム




スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。







Amazonのアソシエイトとして、東濃ニュースは適格販売により収入を得ています。